コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

【ドラマ】神の雫 第三話

「第二の使徒」の記述が明かされる。 キーワードは“団欒”。
雫は庶民的なワインにターゲットを絞り、みやびの幼なじみである高杉のブランド志向に対して、五大シャトーに対抗できるノンブランドワインを飲ませることをそのステップとする。
高杉の話から、みやびは、雫が犯した「第二の使徒」選びのミスに気づくが・・・


今週のファーストインパクト。
1)遠峰は普段もブラインドテイスト用グラス。
2)「五大シャトー」に対抗するワインは・・・ 2本のみ。
3)第二の使徒までも・・・ 原作(原作では第三の使徒)と同じ。
4)「ほのか」の影。
5)雫の「あるとおもいます」(爆
6)遠峰が血を流しながら「団欒を懐かしむ」様子。
7)それを嬉しそうに見守る西園寺。



そして、使徒の記述に対するワインへの解釈は、相変わらずこじつけっぽいです。
まぁ、その方が分りやすいとは思いますが。

夕焼けの意味とは・・・ 赤ワイン
お菓子をくれた人とは・・・ 老人=古木から採れたぶどう

一粒のお菓子とは・・・ これはどうでも良いようです。
ああ、原作でもそうでしたね。

描かれたイメージ画像は季節が冬ですね。
草むらの臭いが青くない・・・
本来のワイン選びでは、こっちの方が重要かと思われますが・・・(笑



ストーリー的には、豊多香というブランドを嫌っていた雫。
最初から負けは決まっていましたね。

そして、第二の使徒に五大シャトー編をくっつけてきた理由がここにありました。
うん、うん、悪くない。

当初から言っていた「人間ドラマ」っていう効力が、やっと出てきた感じですね。
ドラマ版「神の雫」もしかしたら、良いのかも知れない。。。



来週、第三の使徒は「モナリザ」。
原作同様に単なる、ダヴィンチ豆知識で終わりか。
早くも、「ほのか」Vs「MEGUMI」の勃発か。
4話目かぁ、ちょっと早すぎるよなぁ。

そして当然「第三の使徒」は原作(第二の使徒」と同じはず。
しかし、原作の勝者は遠峰でしたが、遠峰が連勝しても良いのかな。



今週の余談。
1)グラスが綺麗に磨かれています。リーデルさんも大満足。
2)セーラ、台詞もいらないけど、表情も無くした方が良いかも。
3)もしかしたら、TV版 西園寺の方が怖いかもしれない。
4)ムートンの説明で、また100年と言っていますが・・・何から100年でしょうね。(笑
5)高杉の名前を新一に変えたのか・・・
6)もうワインなんて飲まないって先週の予告は?

☆)TV版で雫・遠峰の血縁に迫ると言うことは、コミック「神の雫」第六の使徒編でも同様に謎が明かされる可能性が・・・

いや、もしかしたら、ドラマ版の使徒は原作者が選び直したと思い込んでいたけど、
第六の使徒まで、原作そのままで来るんじゃないか?
で、第六の使徒で「ほのか」Vs「MEGUMI」やって、雫・遠峰出生の謎が明かされて、「神の雫」対決へ・・・。
「あるとおもいます」



今週登場したワインは。
(リンク先は生産年無視、ワイン名/生産者 生産社名なしはワイン名と生産者が同じ場合です)

モノポールで藤枝が出した貴腐ワイン [ - ]
■ シャトー・ド・ギザ / シャトー・レ・ギザ

モノポールで高杉が飲んだワイン [ 2004 ]
デイリーワインとの比較で高杉が飲んだワイン [ 2004 ]
■ シャトー・ラフィット・ロートシルト



河原下が説明した五大シャトー

2002
■ シャトー・マルゴー

2002
■ シャトー・ラトゥール

2002
■ シャトー・オー・ブリオン

2004
■ シャトー・ムートン・ロートシルト

2002
■ シャトー・ラフィット・ロートシルト



遠峰がエアーワイン(ワインを飲んだ振り)していた 2004
■ ゴースト・ブロック・カベルネ・ソーヴィニヨン / ナパ・ワイン・カンパニー



高杉に飲ませたイタリア産デイリーワイン 2004
■ レ・マンフレディ・アリアニコ・デル・ヴルトゥレ / テッレ・ディ・スヴェーヴィ

高杉に飲ませたフランス産デイリーワイン 2007
雫の選んだ「第二の使徒」候補 2007
■ コート・デュ・ローヌ / ドメーヌ・ピエール・ユッセリオ

遠峰の選んだ「第二の使徒」候補 2000
「第二の使徒」2000
■ シャトーヌフ・デュ・パプ キュヴェ・ダ・カポ / ドメーヌ・デュ・ペゴー

楽天のシステム変更により2017年より古い記事内の登場ワインリンクは表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
おぉ…グラスがもったいない(爆)
取り憑かれたように団欒団欒呟くイッセーさんは怖いです(笑)
結局、使徒は変わらず、間違えた側のワインを作者が新たに選び直した、ということなんでしょうね…
でもルーミエのレザムルーズや、ぺゴーのダ・カポが手に入るのか?!
ってことはやはりワイン(特に高額なワイン)はブドウジュースで代行でしょうか…。

最後に…管理人さん、ラフィットとあのコートデュローヌ、飲み比べてください!(爆)
  • アニー
  • 2009/01/28 10:16 AM
本当ですよね。コートデュローヌとラフィットの区別がつかない人がワインを商うなんて! ちょっと無理がありますよね。
視聴率も今回は6%台。打ち切りもあり得るのでは?
やはりワインをドラマの主題として表現することの難しさに加えて、亀梨君のファン層に原作に出てくるようなワインの話を理解させることがどだい無理という感じがします。
  • ポン太
  • 2009/01/28 6:02 PM
アニーさん>

遠峰はスゴイです。
出来れば、コルクを食いちぎるくらいの・・・(略

ドメーヌ・ピエール・ユッセリオのヌフパプならラフィットとの比較もありですけど・・・ 広域ではいくなんでも厳しすぎるのではないでしょうか・・・ だって、それが美味しかったら、上位ワインはとんでもないクラスにいっちゃいますから。(笑


ポン太さん>

同感です。
ワインの話も、ドラマも中途半端にしか理解されないパターンが一番怖い・・・。
昨日のは、ワイン的には無理がありましたが、ドラマ的にはそこそこ楽しめたと思うのですが、6%台じや盛り返すのが大変そうです。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2009/01/28 6:17 PM
気になったのは、高杉に飲ませたフランス産デイリーワインは、その場で、雫も飲みましたよね・・・?
なぜ使徒の記述と違うことにその時に気付かないのか?
さらには、使徒候補は対決まで飲まないというポリシーに
反していますし。

速水いまいちが、ワイン飲んで速水もこみちか、ぴかいちかになるくらいのインパクトがないと、視聴率は上がりませんね〜。
セーラさん出てくるとテンション下がります。
  • 150
  • 2009/01/28 10:03 PM
「対決まで飲まない」の適用は来週からみたいですよ。
今回は、盲目的に親父に逆らって失敗するエピソードを盛り込みたかったみたいですね。

お〜、セーラに関して、私も同じです。
セーラの周り、空気が澱んでいるように見えるのは私だけでしょうか・・・ 外見はセーラなのに、なんだかイジイジ・オドオドしているように見えてしまう。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2009/01/28 11:03 PM
私はまだまだ「人間ドラマ」感が乏しいと思いました。
感動が伝わってこないというか、
思い入れ出来ないというか…。

みやび・セーラのキャスティングに、
もう少しコストをかけていただきたかったです。

遠峰&西園寺は雰囲気出ていますが、
遠峰さん変態の域に入っています。(笑)

視聴率は低下していますね。
裏のトライアングル、面白いですから!(爆)
  • tz66
  • 2009/01/29 1:14 AM
感動・思い入れ・・・ 確かに。
私がちょいと褒めすぎでしたね。(苦笑

トライアングルも録画で見ていますが・・・(笑
ちょっと作り方があざといので食傷気味です。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2009/01/29 1:27 PM
第一話に比べてドラマとしてのクオリティーは上がってきた感じですねえ。視聴率的に手遅れ感はありますが、、、。

みやびも最初は受け付けなかったんですが、だんだん演技に好感が持てるようになりました。上手く演技しようというより、思い切って演技しようとしてる感じがします。

遠峯は原作に劣らずいい感じに変態になってきましたが、同時にどんどん小物化してますね。
前回ハンデとして対決まで使徒候補を飲まないと大見得きって負けたくせに、今回勝って上から目線で説教とはw

ちにみに作者が朝日のコラムで、ここでつっこまれているようなことに対して弁解してますが、ことごとく的外れなのが何ともはや。

http://www.asahi.com/food/column/nommelier/TKY200901280191.html
  • Jino
  • 2009/01/29 3:03 PM
早速、コラム見てきました。
これは 週刊新潮 に対する言い訳ですね。(笑

一番向きになってるグラスに関しては、私はテイスティンググラスで・・・ というのには違和感を感じていませんでしたし。

それより、作者は「舌の味覚分布」を、今でも信じていらっしゃるようです。
誰がそんなデマを未だに吹き込むんでしょうね。(苦笑
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2009/01/29 3:18 PM
仲里依紗さん、ちょっとみやびのイメージとは違う感じがしてます、仲さんは好きなんですけど。あと全体的にやはり軽いですね。重厚感が無いですね。どうして原作を劣化させるようなドラマを作るのか−日本のテレビ局のやることだからあきらめていますが−ちょっとひどいですね。作者も作者で日テレには金田一やら何やらで借りがあるのかもしれませんが、もっと厳しく注文して欲しいと思います。韓国でのドラマ化もどうかなと思います。とりとめのないコメント、失礼しました。
  • Redstream
  • 2009/01/30 12:04 AM
いやいや、気軽に書き込んでください。

みやびは原作のイメージとは大幅に異なりますが・・・
原作みたいに、雫との掛け合い漫談?が出来ないとすると、一人でコメディーリリーフを担うことになってしまうのかと思います。
それに、頑張って演じているのが伝わってくるので・・・(笑

原作の劣化は感じますね。
視聴者を舐めているのか、妥協点が低すぎるのか・・・
ま、原作もクオリティが高いとは言えないような(爆
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2009/01/30 10:07 AM
>視聴者を舐めているのか、妥協点が低すぎるのか・・・

作者のコラムで

>漫画では82年のCHムートンだったのに、90年に変わってるのはなんで?

という視聴者の批判の声に対し、

>ワインのビンテージを変えざるをえないのは、漫画『神の雫』が始まってから5年経過していることが大きい

と答えてるあたり、少なくとも作者は視聴者はその辺の事情(原作とドラマの年代設定の違い)を汲まずにぶーたれるだけの低レベルな人達だと舐めてかかっておいでのようです。

ビンテージ違いを批判している人は、出来が全然違うCHムートン82と90を同列に扱ったことを問題にしているんでしょうに、、、。

それにその言い訳だと、原作と年代設定が違う(=ワインの熟成度や流通事情も変化している)のに使徒は原作と同銘柄同ビンテージで同じ記述なことの説明がつかないし。矛盾してるというか、言い訳してさらに自らの首を絞めているような(笑)
  • Jino
  • 2009/01/30 12:25 PM
作者って、どこまでドラマに関わっているのでしょう。

何もあそこまで必死にフォロー入れなくても良いと思うんですけど。
で、フォローになってないところが・・・(爆
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2009/01/30 4:49 PM
まあ、原作を超えたマンガ原作のドラマなんてほとんど見たことないので、最初から期待してませんでしたが、視聴率悪いのですか。
他の方が言われているように、裏番組との兼ね合いと原作ファン、ジャニファン共に満足させられてないということなのでしょう。

ジャンルが違うので何ですが、「相棒」や「コードブルー」「風のガーデン」など、地味でも良い脚本で丁寧に作ったドラマはきちんと評価されています。
骨太のドラマが好まれるのが最近の風潮ではないでしょうか。でなければ、完全にファンタジーに徹した「メイちゃんの執事」みたいなのとか。ドラマも2極化しているように思います。

その中においてドラマ版「神の雫」はどっちつかずすぎるのでしょう。骨太路線なら、もっとワインや人間ドラマの描写をしっかりすべきだし、ファンタジー路線ならワインを飲んだ時のイメージをもっとゴージャスなCGバリバリで「ミスター味っ子」くらい大げさにするべきでした。

同原作者だから今までと同じ路線、構造でうまく行くと思ったのでしょうか。「ジャニタレで人気漫画ドラマ化すれば数字獲れるだろう」とかタカをくくってたんじゃないでしょうかね。
でもそんな姿勢が透けて見えるような雑な作りをしてしまってはダメですよ。ミステリーならプロットが良ければ、他の描写が雑でもその安っぽさが味になったかもしれませんが、相手がワインでは…。
今回は相性が悪すぎました。マリアージュ失敗です(笑 視聴者は制作者様が思ってるほどバカではありません。それが数字に反映されたにすぎません。視聴者なめんなと。

今週光ってたのは「神崎というブランドを嫌うあまりノンブランドというブランドに逃げた」のくだりです。後はもう(ry

遠峰はこのまま変態路線確定か?原作より小物になっちゃうなぁ(笑
マキさんは原作より頑張ってますね。原作じゃ最近空気化して、下手すればギャグ要因になりかけてますから。原作マキも負けずに頑張れ。
  • ray
  • 2009/02/02 5:55 PM
いつも楽しみに拝見してます。
管理人さんはウィキペディア見てますか?
私はこのサイトのワインリストはファンにとっては有益な情報だと思うので、ウィキペディアから外部リンクを設定したのですが、なぜかすぐ削除されてしまいます。(笑)
韓国のウィキペディアはかなり以前からリンクされているのにおかしいですね。
もしかしたら他のアフィリからの圧力でしょうか。
  • バーガンディ
  • 2009/02/02 10:55 PM
rayさん>
やっぱり、中途半端ですよね。

実際の所、原作も騒がれるほどは人気は無いと思いますよ。
業界にとって宣材としての価値が高いというのが一番大きいような・・・(略

「ほのか」をどう描いてくるか、誰が演じるか、その辺には期待したいです。
あ、でも、打ち切りなんて話になると、役者も大物は呼べませんね。(爆



バーガンディさん>
日本Wikiからのリンクは、アクセス解析ツールで知りました。
登録して下さってありがとうございます。
韓国Wikiは一瞬で、継続しているのは中国Wikiからですね。

もちろん、多くの方のお役に立てるリンクは大歓迎ですが、無理の無い程度でお願いします。(笑
というのも、アクセス解析していますと、Wikiからの流れはこのサイトではあまり多くは無いのです。
たぶん、wikiからじゃなくても、普通に検索掛ければココにたどり着けるからでしょうか・・・。

それにしても、わざわざ削除する人がいるのですね。
それもまた、ご苦労様な事です。(笑
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2009/02/02 11:44 PM
自分がムキになってリンクしたのが広告と取られてしまったようです。本当に申し訳ありません。
  • バーガンディ
  • 2009/02/07 10:44 PM
お気遣いありがとうございました。
お気になさらずどうぞ!(笑

Wikiからのリンクがあろうと無かろうと、このサイトを見つけることは簡単だと思いますので。(笑
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2009/02/08 9:46 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode