コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

今週の「神の雫」#195「虚空に浮かぶ光は、ゆらめく漁火の如く」


決戦の場、先に自らのワインをテイスティングする遠峰がそのワインの中に見たモノは、中宮寺の弥勒菩薩半跏像だった。
そして、彼は弥勒菩薩には近寄れなかった。



第六の使徒編第九話。



なんと、遠峰までバローロ!(爆死
leroyさんの先週の言葉が・・・
「でも次号で遠峯が突然バローロを持って現れたら笑うしかありませんが・・・」

さあ、皆さん、ここ笑うところです!

う〜ん、さっぱり遠峰の思考回路が理解できない。
いや、作者の・・・ と言うべきか。
クロ・サン・ジャックは何だったの?

ま、今回は惨敗!
ってことで、出直しですね。(苦笑



もう一つ、ご報告は。
楽天版の方で、テラっちさんがズバリ、遠峰の選んだ バローロ・ロッケ・ファレット・リゼルヴァ / ブルーノ・ジャコーザ を予想的中されています。
すっげ〜!

正直な話、テラっちさんの予想を伺ったときに、「なるほど」と思いました。
そして、まさかとは思いましたが、遠峰が選びそうなワインだとも思いました。

何にしろ、バローロの銘柄が一切出てこなかった中、第六の使徒に絡む銘柄を予想されただけで、賞賛!です。



そして、あらためてストーリー分析。
相変わらず、やはり第六の使徒は「雫母」。
これはOKですよね。

遠峰が近づけないというのもなんとなく頷ける話ではあります。

ただ、バローロ・ロッケ・ファレット・リゼルヴァが何故、中宮寺の弥勒菩薩半跏像なのか・・・ そして、雫は広隆寺の弥勒菩薩を選んでいるのか・・・
中宮寺の中宮寺の弥勒菩薩と、広隆寺の弥勒菩薩は何が違うのか・・・

外見だけで言うなら「光背」があるかないかくらいですが。
何故、遠峰は「光背」のある中宮寺を選んだのか・・・

このあたり、全部、両母の謎に迫るキーワードになりそうな感じですね。

で、これ以上「弥勒菩薩」で探っても答えは出そうにありませんので、ここまで。(苦笑
実は、それ以上に、何も知らないのですが。(爆

一つだけ、言えるのは、雫は「月」にこだわり続けていた事。
「光背」を持たない、広隆寺の弥勒菩薩は、光を外に求めるしかない。
それが、「月」って事でしょうか。



勝敗で行くなら・・・
このまま、すんなり雫の勝利で終わるとも思えません。

ということは、tz66さんの予想された「引き分け」説に説得力が・・・。
「ロベール爺は怒らない「何か」がある!!」
これも、私、妙に納得できます。

第六の使徒が示すモノが「母」であるなら、ここでは敢えてその謎の全てを解き明かさない・・・ これもひとつの手段であり、また、後半戦への面白い布石になりそうです。



そして、雫が選んだワインは何か。
過去の例からすると、「使徒」は誰もが認める超一級のワインではない。
雫と遠峰の二人がかけ離れたワインを選ぶことはない。
と言うことからすると、同じブルーノ・ジャコーザの白ラベル、バローロ・ファレットが順当でしょうか。
それとも、リゼルヴァのヴィンテージ違いで2000あたりを選ぶのでしょうか。



結論。
さっぱりわからん!



次回は、#196「謎めく頬に、その手を差し伸べて」です。
さて、次号どんな展開に!?



今週登場したワインは。

■ バローロ・ロッケ・ファレット・リゼルヴァ / ブルーノ・ジャコーザ

楽天のシステム変更により2017年より古い記事内の登場ワインリンクは表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
もう答えが出てしまうのですか。
前回の使徒のような劇的なストーリーはなしで・・・。

近寄れないって、今週のテレビと同じ展開ですか。
しかも同じヴィンテージ違いだったら笑い声も出ません。

だから2000はあって欲しくありません。

白ラベルってのがあるんですか。
それならそれかもしれませんね。

でも遠峯が正解しているって可能性はありませんか?
雫の母だから遠峯には近寄れないって展開。
そして雫も正解。そして表現できた雫の勝ち。
もしその流れだったら思いきり出来レースですね。
全使徒の勝者は豊多香の思ったまま。

もしそうだったら的中したテラっちさんに弟子入りして
イタリアワインの勉強をしよう。
今後は楽天版もチェック。
  • leroy
  • 2009/01/22 10:37 PM
実はもう一波乱あるのです。(うそ

遠峰が正解している可能性ですか・・・
それだと、当初から描かれてきた、「広隆寺の弥勒菩薩」が何だったのか?って話になってしまいませんかねぇ。

雫の方は、色々なモノの中から「広隆寺の弥勒菩薩」が顔出していましたので・・・ そっちを持ってくると思うんです。

ただ、仄香Vsロベールがまだなので、何か劇的なイベントがこのあと残っているのかも知れませんね。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2009/01/23 12:54 AM
さすがに深い。迂闊でした。
じゃあ白ラベルで決まりですか?

とにかく今回はさっぱり。

いっそのこと雫がクロ・ド・ベーズを持ってきて
それが正解だったら良い。

  • leroy
  • 2009/01/23 1:35 AM
ご紹介いただきありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ
俺が選んだワインは、リゼルヴァではありませんよ。
リゼルヴァは、いい年しか造られないワインです。
そこが近寄りがたい存在なのだと思います。
弥勒菩薩にはそんな印象が俺には感じられなかった・・・。
もっとやさしく包み込んでくれるような・・・。
なので、あえて白ラベルの方を選んだわけです。
正直悩みましたが・・・( ̄  ̄;) うーん

今回は雫の勝利で間違いないと思います。
  • テラっち
  • 2009/01/23 11:22 AM
いらっしゃいまし > テラっち さん

あら、いつのまにか、私の中で勝手にリゼルヴァにしていたみたいですね。(爆
失礼しました。

と言うことは、白ラベルが益々濃厚ということで。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2009/01/23 3:02 PM
ドラマ化の影響なのか、コメントが急増して盛り上がってますね。なんか、うれしいです(笑

あまりに忙しくて書き込みは自重してましたが、みなさん実によく考えていらっしゃる…。

中でもテラっちさんの予想はピタリ当たりそうですね。さすがプロです!

飲んだことない銘柄ですが、私も今週号を読んでから色々と調べて、その「白ラベル」が話の流れ的にしっくりくるなと思いました。同じワインを選んで雫だけが正確に表現するというパターンもアリかと思いますが、やっぱり別の仏像に見えるのはおかしいですもんね(苦笑
  • うま
  • 2009/01/23 4:11 PM
ドラマ化の影響は大きいです。
ここも、アクセス数が急増で・・・(笑

私もブルーノ・ジャコーザも高い評価は耳にしていましたが、飲んだ事がありません。
これじゃ、使徒予想も出来ないはずです。(爆

来週、勝敗を含め、どんな展開になるのか楽しみです。
ドラマも。(含笑



ついでに、「週刊新潮」の車内づりにドラマ「神の雫」の文字があったので、買ってみましたが、蘊蓄が間違いだらけという手厳しい内容が出ていました。

内容は、
・ブルゴーニュはブルゴーニュグラスで飲め
・'04のリシュブールを最初だけデキャンタージュするのはおかしい
・原作の'82ムートンを'90に変えて、同じ「晩鐘」に譬えるのはおかしい
というような指摘に、斉藤研一氏が苦しい言い訳をしてるような感じです。(笑

ごもっともな話ですが、それよりなにより気になったのが原作を「緻密」と評価している点。
「緻密」かな?(爆
まぁ、ドラマよりは・・・(略
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2009/01/23 7:48 PM
週刊新潮は私も広告を見てすぐチェックしました。
原作にはもっと重大な間違いがたくさんあるよ〜
と苦笑しましたが(笑
  • うま
  • 2009/01/23 9:38 PM
お久しぶりです。

全体の流れからいくと、ここで雫が勝って3勝3敗に
ならないと、今後辛いかなと思います。

「12使徒と神の雫の全ての銘柄と年を当てた者のみが
遺産を継ぐことができる」の前提が最初から崩れたため(笑
毎回の勝敗を重要視させる方向に作者も持ってってる気が。
そうすると使徒は6勝6敗でないと神の雫の対決が…
  • ナオキ
  • 2009/01/25 2:22 PM
うまさん>
原作にも致命的なミスが何度もありましたからね。(苦笑
ただ、ドラマの方のミスは、最初から手抜き前提が招いたミスと、商業主義優先からのミスという印象が強く、すごく底が浅く見えてしまいます。

ナオキさん>
たしかに!
「神の雫」対決の時にはイーブンじゃないとダメですね。(笑
であれば、両母の関係はまだまだ明かされない事になりそうな・・・
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2009/01/26 10:47 AM
 いち早くバローロ説を唱えたポン太です。(笑)
 あまりに早い展開ですから、仕切り直しの可能性は高いような気がします。
 でも結局はバローロに落ち着くのでは?問題は作り手ですが、ブルーノ・ジャコーザは私も有力候補として考えておりましたが、はずれのようですね。
 誰かな?ジャコモ コンテルノやブルーノ・ロッカ、ルチアーノ・サンドローネあたりが私の好みですが、、、
 でも皆さん読みが本当に深いですね。
  • ポン太
  • 2009/01/26 8:54 PM
ブルゴーニュで突っ走っていた遠峰がバローロを持ってきたことで、流れは完全に予定調和。
仕切り直しの確率は減ったかな、というのが今の私の感想です。

造り手が誰になるのか、楽しみですね。(笑
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2009/01/27 9:17 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode