コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #230「降りそそぐ星」

 

雫の表現は高まり、時間と空間を越えた先に存在した「神の雫」とは…

 


仄香による、上から目線の「知ったかぶり解説」が、まことしやかに語られ続けています。
記述の何枚目にあるこの表現がどうだとか…
経験が無ければたどり着けないとか…


中二病的な、作者の自己陶酔レベルはMAX。
ワインを飲みながら、こんな事考えている人って… 個人的には かなり怖いです。

 

 

そんな中、雫と遠峰が実兄弟だった事を、今更 セーラが悟ります。

 

唐突に(取ってつけたように)仄香が持ち出した「豊多香・仄香 愛の交換日記」(神の雫の記述下書き)を、偉そうにセーラの前で読み上げ… セーラが仄香と豊多香の関係に… 疑いを持つ。


何故? 別に、仄香がコレを持っていたって、今までセーラのスタンスに何ら影響しないのでは???
セーラの発想で行くと、ロベールが「神の雫の記述下書き」を持っていたら、豊多香とロベールは… !!!
先週の私の戯言が超加速で、「神の雫:最終章 III」が始まってしまうではありませんか!?(爆

 

さらに、仄香と豊多香の関係に「?」となった瞬間に、雫と遠峰の関係にまで考えが及んでいます。
ここで、ここまでワザとらしく それに気づく演出って…


雫と遠峰が異母兄弟である事は、雫にこそ知らされない形ですが、過去にも何度か断言されています。
あとは、雫が気付くのが何時か!? ってことが問題なのであって、セーラが今更 気付いても…。

作者は改めて宣言しないと気が済まない…、小さなことに拘るのは相変わらずのご様子です。

 

セーラ、最初から二人は似ているって断言していましたよね。(苦笑

 


で、雫が選んだ「My神の雫」は シャトー・シュヴァル・ブラン 1982 でした。

今回のフランス編で5大シャトーは「神ワイン」だと宣言して回って、実は(神以下に成り下がりましたが)本命は右岸だったと。(笑

 

情けないことに、雫は、シュヴァル・ブランを過去に飲んでいます。
'78を#393で豊多香の墓前で飲み、「天の川(ミルキーウェイ)」を妄想しています。
'81を#419で秋絵が雫とみやびにサーブされ、「アルバム」を妄想しています。
いずれも「神の雫」とは無縁に描かれています。(苦笑

 

最近(?)では、王大人の中華編でフカヒレと併せるべく、メルロー種を使ったボルドーワインは検討しているはずですので、雫の「My神の雫」はフカヒレには合わない… かなり相手を選ぶワインの様です。

 

シュヴァル・ブランは私も大好きで、何度か飲んでいますが… 「神の雫」ねぇ…

 

 

次号、遠峰が不可解な行動を起こし、一同驚愕させられるらしいです。
阿波踊りでも始めるのでしょうか。

 

そんな楽しみな次号は、本号が合併号ですので、8月20日発売です。

 

 

 

今週登場したワインは。

シャトー・オーゾンヌ

シャトー・シュヴァル・ブラン

楽天のシステム変更により 2017年以前の記事内 登場ワインリンク は表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
超お久しぶり、Bizotです。
もう漫画の連載を読んでなくメルマガの《速報》『ついに《神の雫》が降臨!?』で「おお、とネット検索で展開をおったしだい(汗)

で、神崎 雫の選んだ候補は「シャトー・シュヴァル・ブラン ’82」と。
「え〜、ボルドーなの、それも右岸」な気分。
とわいえ、雫が人生で初めて飲んだワインはシャトー・モン・ペラで右岸だし、子供の頃にムートンの畑の葡萄を食べてた話を時々挟んでいたなと。

とすると、遠峰 一青は、アンリ・ジャイエが兄ジョルジュ・ジャイエ氏の区画から折半耕作で醸造した「エシェゾー」かな?と。
最新号モーニングを読むと、やはり遠峯と神崎の異母兄弟の関係が伏線にあるし、漫画スタートに登場したD.R.Cとジャイエのリシュブールともつながるし。

やはり作者が体験した、コンディションよく熟成し、今のブランド・評価イメージにとらわれない肩の力の抜けた普通・普遍に美味しいワインが《神の雫》となるのかな?


2004年からスタート16年、最初に作者が描いた《神の雫》とは違うかもなと。

一般読者がまったく手のでないワインにはしないかもしれない。でも新世代を担う実力派を紹介しても高騰するだけですしね〜(大汗)


  • Bizot
  • 2020/08/10 9:30 AM
雫さんの結論が82年の白馬とはね〜
確かに白馬の中でも82年は化け物級の美味さなのは分かりますけど…
残念なから素人さんが出す結論と変わりないのではないのかね〜これでは(笑)

遠峰さんの方の神の雫は是非ともジャイエかDRCかルロワ以外でお願いしたいものです。
  • ありゃりゃ
  • 2020/08/15 7:37 PM
連載開始当初は、「神の雫」≒「世界一のワイン」を作者が決めてやる! みたいな意気込みが感じられたのですけど… 結局、15年間経っても、素人の領域を超える事は出来なかったと言う事でしょうか。

で、すでに 漫画「神の雫」がワイン業界に与える影響力も 廃れて久しい印象です。

雫と遠峰のキャラ分けすら出来ていない状態ですので、遠峰が選んだ(正確には何の根拠も、筋道も無く突如登場した)ワインも、すでに権威ある評価を受けている有名なワイン から脱する事は出来ないでしょう。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2020/08/16 8:07 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode