コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #223「苦しみのない世界」


ブルゴーニュの超一流ドメーヌを巡る遠峰は体調を崩し倒れてしまうが、入院先の内科医が「神の雫」と確信するワインを飲むことになる。
 


「神の雫・記述獲得枚数」
雫 :1・2・X・4・5・X・7
遠峰:1・X・3・4・X・6・7


遠峰のみが持つ6枚目の内容(の一端)が明かされました。

 

「・・・・空から見た ユートピア 完全な球体の上で 彼らは夢の様な 幸福を享受している」

だ、そうで…


もう、地球上のワイン全てを総じて「神の雫」と呼ぶって事で良いじゃん。 って思えてきます。(苦笑

 

 

作話もグダグダ… 登場するキャラは、相変わらず希薄です…

 

遠峰のキャラは本来、当たり前の様にドメーヌ巡りをする様な個性では無かったと思いますし…

ブルゴーニュで合流したローランに至っては、同行の必然性はもちろん、存在感も全く感じられません。

近くで主人公(作者の妄想)を絶賛するだけの役割で、これ… セーラでも西園寺でもスタッフの小林でも良いんですよね。(爆

 

そして、遠峰が突如倒れ、入院先の医師が「神の雫」を持っていた… ってもう、作話から逃避していませんか?

これ、通りがかりの公園のベンチで、その辺の爺さんが「神の雫」を飲んでいたと同等ですよね。(苦笑


う〜ん、あまりにも情けない展開の連続です。
登場する、超豪華なワインに謝って欲しい…(爆

 

 

今週登場したワインは。

ミュジニー・グランクリュ ジャック・フレデリック・ミュニエ

シャンベルタン アルマン・ルソー

楽天のシステム変更により 2017年以前の記事内 登場ワインリンク は表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
今回の話のポイントはアレです。
作者はブルゴーニュトップドメーヌと会いました。
ミュジニーやシャンベルタン飲みました。
美味しかったです笑

私の嫌いな某ワイン雑誌並みになってきました笑
  • アニー
  • 2020/06/11 7:28 PM
ァニーさん >

小さい「ァ」で当時のアイドル風が正式なお名前でしたよね、確か。(爆

私が「やほお」で調べたところによりますと、ドメーヌ巡りツアー(催行人数2名:現地添乗員付)で、ご希望のドメーヌへ交渉みたいなのがアルんですよ。(知ってて当然?:笑

なので、雫側(ボルドー)の現地添乗員がイケメン国木田で、遠峰側(ブルゴーニュ)は、作者・お姉〜さま の興味の無い女性添乗員だったか、添乗員が「神の雫」と言う漫画を知らず、作者としての優遇措置を受けられなかったから、意味も無くローランを引っ張り出したのでは…?

と、想像たくましく、作者に負けない妄想で遊んでおります。
コメント欄は読まれる方も少ないので、本音でぶっちゃけますが、この作者、その程度のレベルで作話していますよ、間違いなく。(苦笑
10年以上に渡って、レビューを続けてきた、一つの結論です。(爆
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2020/06/11 8:10 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode