コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #209「二つの料理」


2人のシェフが作った料理は、素材も調理法も添え物まで同じものだった。 そして明かされた「神のワイン」は…。

 


二人のシェフが作った料理は、見た目や調理法まですべて同じ。


これは、間違いなく作者の手抜きだと私は感じます。(笑
これが手抜きではなく正しい表現であるなら、一流と言われる店なら、どこで何をオーダーしても、ほとんど同じ料理が出てくる… ってな事になってしまいます。


「神の雫」では、度々、作者が示す価値観こそが全ての頂点であり、唯一無二、誰しもが絶賛する尺度であるかのように描かれますが… (誰でも簡単に解るとおり)違いますからね。


「そんなものは好き好きだ」と言われたら終わりです。

 


本来は、同じワインに対しても、異なるアプローチがあって然るべきで、その一端を探す事こそマリアージュの醍醐味で、だからこそ、世界中のシェフが日々研鑽を重ねているのだろうと思うのですが…。

 

 

 

そして、問題となっていた、仄香(作者)が銘柄を伏せていた「偉大なワイン」は今回のお話で「神のワイン」に昇格されました。

そう、すでに「神の雫」の上を行くワインが出てしまったのです。(爆笑

 

そのワインは、「シャトー・ペトリュス」。

 

 

鍵はペトロの方でしたか… 予想は外しました。。。 しかし、作者のミスリードにハマった… という気はあまりしないです。 いや、負け惜しみでなく。(苦笑
先週「ポムロール」の記述を見た際に、?もしや? とは思ったので、私の掘り下げが浅かったことは認めますが。

 


「神の雫」でペトリュスの登場は、異常なほど多く、使徒編も合わせれば、7〜8回は登場していると思います。
おそらくは、作者も大好きなワインで、時々経費で落としたくなる…(Rya
 

 

 

今週登場したワインは。

シャトー・ペトリュス

楽天のシステム変更により 2017年以前の記事内 登場ワインリンク は表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
今回こんな同じ料理が....


経費の問題ですね!


違う店で同じvinのペトを開ける暴挙は許されなかったのでしょう。


いや!
そうではなくいつも通り高級ワインでベロベロになりながら場当たり的に
「いい案が浮かんだ」
って感じでストーリーが立て付けられただけでしょうね...


CNPのミスリードは大したものです。
でも極ごく限られた人しか引っかかりませんよね?

それをビギナーまで理解できるトリックに昇華させてストーリーに折込めたらと思うと残念でなりません。
  • ワイン刑事
  • 2020/02/13 11:30 PM
「天の国の鍵」を授かったペトロがワインで、「ベートーヴェン 交響曲第6番 田園」が山鳩って事みたいですね。
で、同じ料理を2人で出すことが、主題の繰り返しを表していたと…(爆
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2020/02/14 8:16 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode