コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #203「おしどり夫婦の風景」

 

クリスとセーラからマリアージュに対して絶賛を得て、閉店間際の店でワインと音楽で寛ぐ雫たち。

 


上っ面のカッコ付けは一流です。(笑
しかし、人の深みや、作話の妙は全く感じられない、相変わらずの薄っぺらな構成です。

 

 

私の中では、作者が自身が妄想するワイン(マリアージュ)のイメージに酔いしれ、それこそが「神の雫」(天の啓示)なのだと言わんばかりの自己欺瞞だけが、読後に虚しく残ります。

 

 

端的に表現するなら、「すべてが後付のイイ話」。
「入念に熟成されたイイ話」こそ、漫画のあるべき姿かと、私は思います。

 

入念に熟成されていれば、裏が読めても感動できますが… 後付のイイ話は作者の漫画(読者)を馬鹿にする姿勢しか感じられません。


それに加えて、一話(一章)完結しか描けない作者のお寒い筆力は、この「神の雫」ではマイナス要素でしか無いと思うのです。

以上、今年の「神の雫」の総括でした。(爆

 

 


次号は休載だそうで…、今号・次号ともに合併号ですので、次回掲載はなんと2020年1月9日です。
もぅ、そんな時期になのですね… そういえば、喪中葉書が届いてました。(哀惜

では、皆様に置かれましては、良い年末年始をお過ごしください。

 

 

今週登場したワインは。

ロゼ・ド・シュヴァリエ

ドメーヌ・ド・シュヴァリエ

楽天のシステム変更により 2017年以前の記事内 登場ワインリンク は表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
以前は「使徒はなにか?」など少しは盛り上がる話題もありましたが、

今となっては
毎週毎週まるで修行のようなレビューの作業...

今年も1年ありがとうございました!!


そういえばナンプラーお試し頂いたようですね。

以前から秋田の塩魚汁と能登のいしるは愛用しておりましたが、今年は鳥取のマグロの魚醤やアマルフィのコラトゥーラなど色々な魚醤に開眼した1年でした。
ナンプラーに関してもまだまだ色々な可能性を感じています。

多分来年の今頃は違う調味料にはまってそうですが(汗)
  • ワイン刑事
  • 2019/12/12 4:40 PM
客層にあっていない価格帯のワインを合わせて、なんの意味があるのか、理解できませんでした。
  • g
  • 2019/12/12 5:45 PM
ワイン刑事さん>
ナンプラー・マリネは本当に美味しかったです。
神の雫に於いても、読者が体験できるマリアージュを時としてお題にしてくれれば、多少なりとも救われる気がするのですが…

gさん>
完全に作者の自己満足に終始していますよね。(苦笑
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2019/12/15 8:48 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode