コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #180 「口コミの構図」

 

4品目も「ひすとりく」は8票のままだったが、「モンターニュ」の厨房に異変が…。

 


3品目の偶然な「汁物・スープ」対決に続き、4品目も偶然「焼き魚」対決、さらには同じ食材「アマダイ」でした。

料理は、完全に数万円フルコースの様相で、ガーデンパーティーっていう設定は何処へやら…
本編の内容は、綿密な料理の説明で埋め尽くされています。
と、言えば聞こえは良いのですが、要は、ほとんど受け売りの素人「食レポ」感満載です。

 


タイトルとなっている「口コミの構図」は、「扉ページ」が全てでした。
「女性がまず 食いつく これって クチコミで店が 繁盛していく時の パターンなんです ウチもそうだった」

 

いまさら何を言っているの? って感じ、すでに耳タコ的「通説(痛説)」ですね。
20年以上前から実しやかに囁き続けられているロジックですが、真偽の程は皆さんご存知の通り。
この手のロジックって、「仕込んでなんぼ」なんですよね。
計画通り、女性が反応したと言うならOKですど、偶然そうなって、そのまま傍観していてはお話になりません。


一方の「モンターニュ」のシェフは、高級ワインが主役という瑠璃山のやり方に逆らって、品目を変えてきました。

「絶対に勝つ 料理の力で」と言うシェフのセリフから、高級ワインと料理のマリアージュが乱れるのでは? と言う先行きが見えてきました。

しかし、愚痴って、状況説明的に駄弁っているだけの「ひすとりすく」よりは前向きだという解釈も出来ますね。(笑


次号のアオリに、「和洋バトルの勝敗は!?」とありますが… いや、本当の和洋対決、ルールでは料理に「酒」を併せるとしておきながら、併せる「酒」は「ワイン」のみと言うのも、なんだかね〜。
ワイン漫画なんだから、そこはルールも「ワイン」を併せるってことで良かったのに。
何故に「酒」としたのでしょう。

 

今週は気づいたことの羅列で失礼!(爆


今週登場したワインは。

ピュリニー・モンラッシェ ドメーヌ・フィリップ・シャルロパン・パリゾ

シャルドネ 信州たかやまワイナリー

ラ・フロレット・ハナミズキ・ブラン 奥野田ワイナリー

ムルソー ルイ・ジャド

楽天のシステム変更により 2017年以前の記事内 登場ワインリンク は表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
ルイジャド・ムルソーのそっくりさんワインは、店では何を出すつもりなんでしょうね?

それにしても
漫画という媒体を借りた食レポ・飲みレポは、流石にそろそろ飽きを感じてきますねー
  • 漫画読み
  • 2019/06/06 9:13 PM
ルイジャドのエチケットに使われているトレードマークのバッカスは極めて特徴的ですし、会場でムルソーと騒いでしまっていますから… ルイジャドのマコン出す訳にもいかないですよね。(笑
中身の詰め替えしか無いかと…
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2019/06/07 4:18 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode