コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #178 「ボトルの中の果実園」

 

2品目、「ひすとりく」は「先に食べたい投票」で4票を獲得する。

 


だ・か・ら・〜!?
先に食べたいって、どういう「価値」があるんでしょうか?(爆

 

作者は間違いなく、「好きなものを先に食べる派」なのでしょうけど。
私の知人の中でも、かなりの割合で「好きなものは最後に食べる派」の方がいますけど?。(笑

私自身はと言えば、前のワイン刑事さんのコメントに大賛成で、好き嫌いよりも、食べる順序によるトータルでの味わいを気にすると思います。

 

全く、意味不明な戦いが続きます。

 

 

今週の話で気になった点は、3つ。(実は根は同じ作者の思考)

 

まず、ルール違反の高価なワインを偽って出し続ける「モンターニュ」側。
毎回毎回、クドいくらいに、そのからくりを説明し、悪者の印象を煽っています。
ラベルが似ている、超高級ブランド品として出されたのが「ブラゾン・ロゼ ペリエ・ジュエ」。
擬物ワインとして登場させられたのが「ジャン・ピエール・ロゼ デ・ボルトリ」。
価格は、ブラゾンが 7〜8,000円くらい、ジャン・ピエールが1,200〜1,400円。

私、ブラゾン・ロゼは飲んだことありませんが、ジャン・ピエールは普通に美味しいですよ!(笑
ものすごくコストパフォーマンスの高い泡です。
それを、こんな扱いされて… ワインが可愛そう。

 

次に気になったのが、雫がワインを「作品」と呼んで紹介する事。
「モンターニュ」の悪ソムリエ:瑠璃山は「作品?ワインだろ きどっちゃって」と鼻で笑っています。
作者としては、瑠璃山の「悪」の印象を際立たせた おつもりなのでしょう。
方や、自分の分身である雫は、ワインを大切に扱っている印象をもたせようとしていますが…

いや、品評会の審査員じゃないのですから、ワインは、ワインでしょ?(爆
ガーデンパーティーという気軽な「宴」の席で、ワインを「作品」と呼ぶ価値観を押し付けてくる奴、イヤですね。(笑
ね。 まるで、和食のマナーをゴリ押ししてくる、何処かの店主と同じじゃないですか?

 

最後は、神の雫だから仕方ないのですけど。
雫による「心象風景の押し売り」。
雫の語る心象風景に共感できない人は、人間失格みたいです。
心象風景って、マリアージュ勝負と、全く関係ないですよねぇ!?(苦笑

 

 

 

気になった3つを統合すると…


たぶん、作者が選んで心象風景をつけたワインは「作品」になるのですね。(笑
今回、国産ワインで勝負しているのも、作者が推して「心象風景」を語れば、一流ブランド品にでも勝てるという意識がにじみ出てます。


なんとなくですが、作者は本当に国産ワインを美味しいと感じてないのでは?
ワインをバカにしているのは作者ご自身の様な気がしてならないのですけど…。


ストーリー上、雫が作者の「分身」ですが、実態は瑠璃山の思考こそ作者の「地」じゃないでしょうか。(苦笑

 

 

 

そして、次号。
「先に食べたい投票」で4票を獲得した事に意義がある事を、原島が飲食店経営者の視点で切る様ですが…。
いや、神の雫って根本的に経営者視点なんて全くありませんよね。(爆笑


円卓6人掛けなので30人だと、当然5卓。
以前より、多くの方からコメントいただいている、食器は? スタッフの人数は足りている?という疑問。
普通の店舗での営業時と違って、全客同時にサーブを要求される宴会の場で、「ひすとりすく」側は、4人しか登場しないのに、延々と会場を眺めて駄弁っているのですけど…(苦笑

 

 

+追記

そうそう、書き忘れていました。

あれほど会席料理のマナーにこだわっていたわりに、すでに2品目で懐石のコース順序を全く無視しています。(笑

本来煮物が来るはずなのに、フレンチに合わせて刺し身が出ちゃいました。(爆死

 

 

今週登場したワインは。

ドラピエ ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ ミレジム

BOW! ドメーヌ・オヤマダ

若尾果樹園 マルサン葡萄酒

ブラゾン・ロゼ ペリエ・ジュエ

ジャン・ピエール・ロゼ デ・ボルトリ

楽天のシステム変更により 2017年以前の記事内 登場ワインリンク は表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫


PR:歯医者 口コミ岐阜 インプラントふるさと納税 スーツが実質2000円

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode