コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #170 「優しい夕餉の入り口」


ワインバーでテイスティングを進める中、空腹感で焼肉屋へ店を変える雫たち

 


言ってる事、やってること、完全に単なる酔っぱらいの所業です。
マリアージュを求めてワインセレクトを行っているはずなのに、併せる料理はそこにはなく、完全にイメージだけ。 雰囲気だけがカッコいい、耳に心地の良い刹那的な単語が、意味なく並んでいます。


「これはきっと お父さんの作る 料理なら ほとんどすべての 「先付け」に合わせる ことができると思う」
「いや まさに おっしゃる 通りだ」


って、雫の何の根拠も示されない大雑把な断言を、あたかも神のお告げの如く平然と行っている事にすら、驚かされた私ですが…。 作者にとってそんな事は当たり前。
さらに、追い打ちを掛ける様な、ワインバーのマスターの賛同の言葉。
即答で賛同できる理解があるなら、あんたがワインセレクトしたほうが良いじゃない?。(爆笑


そしてマスターが示した、マリアージュの根拠は、農薬や化学肥料を極力使わないって事 自然酵母で発酵を行っている事…。
それが「お〜べるじゅ ひすとりく」なる変態的ネーミングの店の、食事作法フェチの店主が作る料理にマリアージュする根拠なのだそうです。 ?何をどう賛同しているのでしょう?


ワインバーという色濃く他人のフィルターが掛かった店でワインセレクトを行うしか手段を持たない 神咲雫 大先生。 設定ではすでに業界ではとても有名になっているのですが… 描かれている内容は、極めて貧弱。 おまけに1軒のワインバーで飲んだだけで、4〜5本も確実にマリアージュするワインを見つけてしまいます。 もう、まさに「ジャポニズム」のマスターに「お〜べるじゅ ひすとりく」のワインセレクトを任せるべき状況ですが… 誰もそこには気づきません。 おそらく作者も。(笑

 


「まだ 道半ばって とこかな」と、いかにも難しい仕事を行っていると言う口ぶりなのに、仕事中にもかかわらず、腹が減ったという理由で3人は店を変えます。 単なる酔っぱらいでしょ? これ?


で、移動した先は、3軒となりの焼肉屋… 焼肉も経費で落とすか!?(爆笑
その店も日本ワインを「いろいろ」仕入れているという、もはやカオス状態の好都合。
当然出されるワインは、ブラインド!!!!(核爆発
初めて行った焼肉屋の親父から…
「ま 黙って 飲んでみて くださいよ」って、値段も銘柄も明かされないワインを進められる状況が、神の雫のデフォルトです。

 


異世界へ転生した設定でしたっけ?

 

 

今週登場したワインは。

BOW! ドメーヌ・オヤマダ

楽天のシステム変更により 2017年以前の記事内 登場ワインリンク は表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫


PR:歯医者 口コミ岐阜 インプラントふるさと納税 スーツが実質2000円

コメント
さすがです!!
安心安全の神の雫ワールドw

私が他の催事を知らないだけなのか、それともこれが初めてなのか...
昨日梅田の阪神デパートに寄ったら
【神の雫 × モ〇〇〇ス】
なる催事が行なわれていました。


ぁぁ...とうとう特定のインポーターとタイアップを始めてしまったか。
という印象です。

もう形振り構わず地に落ちた残り僅かなブランド力を使い切ってしまおうといったところでしょうか?
  • ワイン刑事
  • 2019/03/14 7:13 PM
ああ、●トック●は、イタリアン長介のモデルとなった方がいらっしゃるので、デフォルトで協力関係なのですが、 私の感じるところでは、昨今は作者が本間氏を軽んじている様で、イタリアワインに関して作者がサジェストを受けた雰囲気が感じられません。

しかし、モ●●●ス側も、タイアップを 今更 開催するって…

ワイン刑事さんの言われる、残り僅かなブランド力を使い切ろうとしているのは、●ト●ク●側なのかも知れませんね。(笑

オワコン感がヒシヒシと感じられる昨今です。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2019/03/14 8:33 PM
すみません...
旅情で酒がすすんでしまったせい(にして?)で、ちと暴言を


昨日今日新地で感じた事があります

神〇雫だけでなく、シャンパン(Champagneではなくシャンパン)もオワコン感が漂っていて涙を禁じ得ない状況です...

先週は名古屋だったのですが訳あって栄には寄れずトンボ帰りでしたが、管理人さんの方は如何でしょうか?

地方に出て感じるのは。。。
申し訳ございません、誤解を恐れず申し上げると...

詰まるところ日本のワイン市場は物は溢れてブームっぽい事してますが、「成熟に向かうどころか、幼児化」している様に思えます。


おこちゃま達は
「しかめっ面」しながら「男は辛口の酒」とか見栄を張らずに、自家製とか言ってる「偽ものの甘いサングリア」を、「絶妙だね!」とかしったかぶって飲んでれば良いと思いました。
  • ワイン刑事
  • 2019/03/15 2:24 AM
ワイン刑事さんに1票
  • g
  • 2019/03/15 10:03 PM
じゃ、私も1票(謎

名古屋はドンペリに割り箸文化ですので、そもそも始まってもいないかも知れません。

あと、ちなみにですが、お店で出されるサングリアは違法なものが多いです。 そこまでを含めて、そんなレベルと言うご指摘ですね。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2019/03/15 11:11 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode