コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #168 「黒い密談」

 

雫側「ひすとりく」では、あくまでも「和」にこだわる打ち合わせが行われ、一方隣の「モンターニュ」には遠峰の右腕を名乗るソムリエが暗躍する。

 


平成最後の…と意味不明に叫ばれる、慌ただしい年度末の中…
「神の雫」は相変わらず、昭和っぽいテンプレートを死守。 とても安定したペースです。(笑


そして、取ってつけたような「オーベルジュ」とか「デジタルオーディオ」とか、ストーリーには影響しない、派手な飾り立てばかりが煩いほど賑やかで、何時ものように、自ら「かつてない 難題です」って、思い切りハードルを高く見せかける事も、きちんと守っています。


どれだけ難題でも、適当な心象風景一発で、登場人部総出で大絶賛の、世紀の「マリアージュ」に化けちゃうんですよね。 たぶん、直後に「離婚」していますけど。(爆

 


そして、お話は…
やはり、最初に間違えて訪問した、お隣の「オーベルジュ・ドゥ・モンターニュ」が絡んできました。
支配人は田々中さん、そして輝かしい経歴と、遠峰の右腕を名乗るイケメン・ソムリエの瑠璃山さん。

(雫が名乗っていない点は、ちゃんと活かされています:笑)
例によって例のごとく、汚い手法で注目を集め、「ひすとりく」を目の敵に、潰しに掛かっています。
暗に1ヶ月と期限まで、ご丁寧に切ってくれています。(苦笑

 

 

苦境に追い込まれているのは女性で、悪役はいつも男性。

何もかも、いつものパターンです。

 


今週登場したワインは。

グー・アメリカン エドシックモノ・ポール

楽天のシステム変更により 2017年以前の記事内 登場ワインリンク は表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
よくよく考えると、作法がどうのとか言ってる割に「ひすとりっく」ってネーミングw

なんかアンバランスというか...
平仮名なだけで大した歴史を期待出来なくなりますw


客が入らないのはモンターニュの問題では無く、
ズバリ「なんか素人が適当にやってそうな」そのネーミングです!!

まず名前を欧文表記に変え、調度品や施設、料理、そして周辺のきれいな写真やこだわり等の文章を準備してWebを充実させましょう!!

たぶんそれでだいぶ解決です!


今は日常生活は切り詰めてでも、価値のある、料理、体験等には比較的お金を出す価値観がある時代です。作者も散々経費で様々な店を見てきた中で敢えての「バトル」という選択肢で盛り上げようとする作者に期待しますw
  • ワイン刑事
  • 2019/02/28 10:54 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode