コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #165 「料理は光」

 

遠峰は3枚目の記述をもとにブルゴーニュへ、一方の雫は…。

 


「神の雫・記述獲得枚数」
雫 :1・2・☓・4・5・☓・7
遠峰:1・☓・3・4・☓・6・7

 


遠峰の持つ、3枚目の記述詳細が明かされました。
作者も、記述から逃げていた訳では無かった様です。(謝


が、その内容は、古いワインも良いけど、新しいのも魅力的だぞ〜 困った困った…
的確かどうかは別問題としても、たとえ話は豊富で華やか。
それっぽい雰囲気を盛り上げようとする意識だけは感じられますが…
冷静に読み解けば、単なるこじつけ、やっぱり酔っぱらいの戯言レベルです。(爆


雫が2枚目の記述から、古酒に熟成肉を併せて喜んでいましたが…
遠峰は3枚目の記述から、豊多香が新しい酒にも魅力を感じていた事を理解しました。
結局、3枚目の記述は2枚めの記述をもカバーしており、2枚目だけの記述ではミスリードにハマってしまいます。


2枚目より3枚目が、目的に近づく記述になるのは当たり前の事。
(まぁ、起承転結の、【転】が最後にありますが:苦笑)
だからこそ、まず7枚目まで読めよ! って事です。


そして、「天啓」を得た遠峰はブルゴーニュへと、サッサと旅立ちますが…
100年ものラフィットに酔いしれている雫は、ボルドーへ行きたい… けど、金が無い。
それを見越したかのように、原島からワインコンサルの依頼を受けて、北軽井沢へ。
新しいクエストが始まるようです。
バイトで稼いで、ボルドー行きの費用を工面しようとする雫… その展開を作者は面白い(定石)と信じているようですが…

今の時代、お金集めるならクラウドファンディングでしょ(爆

 


最後のコマには『最終目的地・ボルドー』のアオリもあり、「神の雫」はいよいよ大詰め、フランス産ワインである可能性が極めて高まっていますが…
なんだかなぁ…
ここに来て、一段と増す、グダグダ感。
私、個人的に、さっぱり盛り上がって来ません。(爆

 

 

今週登場したワインは。

シャトー・ラフィット・ロートシルト

楽天のシステム変更により 2017年以前の記事内 登場ワインリンク は表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫


PR:歯医者 口コミ岐阜 インプラントふるさと納税 スーツが実質2000円

コメント
熟成しているけど、若々しさを保っているワインですね!

まぁスティルワインにも驚くほど若々さを保った美魔女的なワインってありますが、流通の過程などで個体差は出ますし...

って事で答えはchampagneではないでしょうか?
kurgのような首の細いユックリ瓶熟させる系のボトルに入った。
  • ワイン刑事
  • 2019/01/31 1:22 PM
すいません。
最終章、本編は未読です。

あえて一つ。
ぐるなび みんなのごはん
の連載はお読みですか。


  • すろうにん
  • 2019/01/31 8:03 PM
ワイン刑事さん>
なるほど、一挙両得ですね。(爆
城アラキ氏の「シャンパーニュ」で、N.V.の素晴らしさを描かれていた話があったのですが、それを思い出しました。


すろうにんさん>
情報ありがとうございます!
神の雫の先生方の「追っかけ」ではありませんので、ぐるなび みんなのごはん は初耳でした。(笑
早速、ググって見て…
「ああ、ソムリン氏とはここで繋がっていたのね」って感じでした。
辛口白で、タイト… スリムジーンズを妄想するあたり、流石の意味不明さ!
しかし、ここでは、妄想を絶賛するキャラがいないので、長続きし無さそうですね。(笑
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2019/01/31 8:39 PM
管理人さん>
すろうにんさん>

わたしもついググってしまいました笑

ジーンズも白いスカートをちょい足しって全く意味が分かりませんが今更この妄想には驚きません...

驚くべきは「神の雫」の名を冠した販売サイトを放ったらかしにしてる事...

そして「コンビニで買える」サラダチキンに「コンビニで買える」ワインを合わせない事です。


サラダチキンの購買層が全く見えてませんね笑
そういうところを丁寧にやれば流通業界が「ワッショイ」してくれる可能性あるのに...
  • ワイン刑事
  • 2019/01/31 9:27 PM
そうそう、そもそもサラダチキンに、何故ワイン?(爆笑
たぶん、缶ビール、缶チューハイならもっとスッキリと、もっと多くの方の共感を得られる組み合わせが、簡単に見つかりそうです。
個人的には、「神の雫」作者がコンビニフード×缶ビールを薦めたら、その方がインパクトもあり、話題性もあると思いますけど?
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2019/01/31 10:53 PM
ソムリンに関して、ちょいとお話に参加させて下さいませ…

前号に登場した浦川氏(でしたっけ?)…
もう一人のソムリエ仲間と一緒に『ソムリン』を名乗り活動をしているのですが、元々はYouTubeとInstagram等のSNSを主戦場にしながら、多数の試飲会で大量のワインの試飲をしつつ美味しいワインにパーカーばりに『ソムリンポイント』を付けたりしながら、いろんな人にワインの魅力を伝えるというスタンスで活動していた人達なのです…

亜樹姉弟と絡む前には、YouTubeで神の雫の名物曲芸のあの『雫のデキャンタージュ』を、空きボトルに水入れて、ややディスり気味にやっていたりしていて、当時この若い二人に私もかなり好感をもって拝見しておりました…

ところが、小さいながらも少しずつメディアへの露出が出てきた頃に、あるパーティー?イベント??にて亜樹姉弟と出会い、残念ながらそこから一気に長い物に巻かれてしまった感がありますね…。
(あくまでも私の主観ですが…)

恐らく姉弟の推薦があったのでしょうが、実際に他のネットマンガの原作?ワインアドバイザー?のような、あの姉弟の弟子のような仕事もやり始めましたしね…

まぁ〜姉弟宅でたらふく高級ワイン呑まされたりすればそうなるのも判らんでもないですが…(苦笑

まぁ…そんな感じなので、私はソムリンも残念なコンビに感じてしまっております…。


少々脱線なのですが、最近スマホのアプリで神の雫の最初の方を読んでいるのですが…
(現在第一の使途です)
いろいろツッコミたくなる問題点はあるものの、当初はまだワイン自体の魅力を話の中に盛り込もうとしてたんですよね〜…
ところが何時の頃からだったかから、恐らくインポーター達から持て囃されておかしくなっていったんですよね〜…

若いソムリンコンビも同じ道を辿ろうとしているように見えるのが残念に思えております…。
(クドイようですが、あくまでも私の主観ですので〜笑)

ちょいとのつもりが酔いに任せて思わぬ長文となりました…
どうかお許し下さいませ〜m(_ _)m
  • 2019/02/02 4:15 AM
先週登場されたお二人に、漁師さんは「さん」づけなのに、ソムリエさんは「君」づけでしたよね。
あれ見た瞬間に個人的に、「ああ、子分扱いの人がいるんだなぁ」と感じました。(苦笑
その通りだったという事ですね。(笑
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2019/02/02 8:20 AM
サラダチキンにワインより、一般的な日本人のニーズとしては、カレーライスとワイン、ラーメンとワインあたりのマリアージュが求められていると思うのですよ。
キムチ、中華、寿司などの難題をこなしてきた本作ですから、幕間話ででも取り扱ってほしいものです。

全く本作ではとは関係ないのですが、橋本環奈さんが20歳の誕生日に飲んだお酒がドンペリとのことで、やっぱり芸能人は凄いなあと()
  • 漫画読み
  • 2019/02/03 8:44 PM
カレーは寿司対決の前にお題になりましたが、カレーライスは一段とハードル上がりますね。(笑
と言うより、カレーライスには水です!(爆
食後には、コーヒーが合うと思います。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2019/02/08 10:02 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode