コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #157 「あの頃は」


「時の窓」と「時の扉」の成り立ちを聞く雫たち。過去に豊多香が訪れていたことが判る。

 

店の歴史が延々と語られていますが…
この安普請感には、あらためて感心させられます。
このフラット感、寸分も盛り上がらない、単にキーワードを順番に並べただけの展開。
あまりにも当たり前過ぎて、ド素人でも恥ずかしくて口にできない様なプロットです。(笑


酒屋の息子と肉屋の息子… 竹馬の友が10年掛けて興味ある分野で修行。
約束通り東京で再会した二人は、熟成肉とエイジングワインの店「エイジングドア」を開くが、全く振るわず。
ところがそこに現れた一人の男によって店は転機を迎える。

 

 

このプロットで、「小説家になろう」に投稿してみたらいかがでしょう?(爆

 

 

おまけに、豊多香が残した言葉《「時」と「刻」のマリアージュ》、どうやら作者の自慢のフレーズとなった様で…、 素晴らしくカッコいいとか、名言だと思っていらっしゃるのでしょうけど「刻」って漢字の成り立ちは調べられたのでしょうか? そして「時」と「刻」が結婚しちゃうんですか!? (苦笑

 

私の感覚では、中二病的にカッコ悪いフレーズに思えて仕方ないのですけど…。

 

「時の扉」の前身が「エイジングドア」で、流行らなかった店が、豊多香の来訪で変わってしまう…
もう、この設定・展開が、ギャグ漫画のネタですよね。

 


現実はどうなのでしょう? 作者が訪れた店は、その影響で、どう変化しているのでしょうね。(笑
作者が現れた店にリサーチ掛けてみたいですね。

 

 

今週登場したワインは。

ロゼ・ラベル・ブリュット ランソン
シャトー・ガザン

楽天のシステム変更により 2017年以前の記事内 登場ワインリンク は表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫


PR:歯医者 口コミ岐阜 インプラントふるさと納税 スーツが実質2000円

コメント
時と刻のマリアージュ(笑)

まさか、散々強引なアエラシオンを必殺技のように使って来たのに今更刻はグラスに注いでからの時間の変化なんて言いませんように...

時間で言うと今年もいました...
フライング•ボージョレ

ルールを守れない未成熟な日本市場のために「各国の0時を解禁」にせず、フランスの解禁に合わせて日本は8時解禁にすべきと思うのは私だけでしょうか?

と言うより、生産国より東の国が先に解禁出来る事が違和感だらけです。
  • ワイン刑事
  • 2018/11/15 9:23 AM
ボージョレネタをコメントしたのでついでに...

まずはこちらをご覧ください
https://kaminoshizuku.jp/special/181002-beaujolais-nouveau2018


ぇえっと...
どこからツッコめばいいのか...

ヌーヴォとヌーヴォー、中グロのアリナシの表記揺れ等々ありますが...


何と言ってもエチケット(笑)


商品説明には
'エチケットにはこのワインの持つ華やかさと「驚き•ドラマチック感•ナチュラル感•華やかさ」表現した雅のイラストをデザインしました。'
とありますが、

これ...
第一話のRichebourg飲んだみやびちゃんですよね?
「驚き•ドラマチック感•ナチュラル感•華やかさ」をとありますが、この時みやびちゃんは
「花畑」
としか言ってませんでしたが...


オリジナルラベルに漫画のコマの使い回しとか、華やかさがダブっている商品説明とか『を』が抜けてるとか。

そして極めつけが「雅」!
みやびちゃんて
紫乃原みやび
ではありませんでしたっけ?

おそらくこのページを制作したのは作者ではなく運営•販売会社のスタッフなんでしょうが、
『それくらいはちゃんとチェックしろよ!』
ってツッコミたくなります。

今のストーリーのつまらなさが全てここに凝縮されている気がします。
要は作品に対して「全く愛がない」んですね。

だから大事な場面のカットを違うワインに使い回しできちゃうし、主要な登場人物の表記がおかしくても平気なのだと確信しちゃいました。
  • ワイン刑事(連投)
  • 2018/11/15 10:27 AM
神の雫 オリジナルボジョレー ヴィラージュヌーヴォーには笑わせていただきました。

見事なまでの「丸投げ」×「やっつけ仕事」ですね。
エチケットも、素人が企画したノベルティ… もしくは結婚式の引き出物みたいです。
詰まる所、「神の雫」ってそんなレベルなのでしょうか…(爆

楽天で本来のデザインのモノが売られていました。
https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/1758561a.34d44d99.1758561b.aa88a54a/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fwine-net%2Fc%2F0000002108%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fwine-net%2Fc%2F0000002108%2F
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2018/11/15 5:40 PM
villagesものでこの値段なら結構良心的ですね(笑)
というか余らせたくないという守りの価格設定にも見えますが。

確かに結婚式の引き出物みたいです。


ボージョレ委員会がリリース出してるんですから、せめて毎年の生育状況を表したようなイメージのイラストを描きおろしてれば、コレクションする気にもなるでしょうがそこまで気が回らないのか、商売を舐めてるのか

ストーリーの良し悪しだけでなくこういう側面からも神の雫の価値を落としてますよね。
  • ワイン刑事
  • 2018/11/15 6:25 PM
はい、ヴィラージュでこの価格はとても良心的だと思います。
デフォルトエチケットからも2〜300円差ですので。 これで儲ける気は差ほど無さそうですね。(笑

ただ、言われる通り、この商品では「神の雫」のイメージダウンにしかなりません。 価格を+500円して、オキモト女史へワンカット20万円でイラスト依頼した方が、どれだけ良いか… それともマーケティングで+500円の価値は無いと見なされたのかも知れませんが…。(爆死

その状況を迫られた場合、私なら、ヴィラージュを外します…
どうせ、ボジョレーを勢いで買う人たちには、ヴィラージュという理解不能な格付けより、「神の雫」というネームバリューと、オキモト女史の美しいエチケットの方が購買意欲に訴えそうですので。

ああ、でも、600本限定という、小刻みな本数を見ると、キチンとマーケティングしているのでしょうね。(笑
講談社からもヌーボーというイベントでは、切り捨てられている様ですし… メルシャンとのコラボ時代とは、すでにネームバリューが違うって事かも。

  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2018/11/15 9:27 PM
今、思いつきました。
私なら、オキモト女史に依頼して、超縦長ラベルで、正面両脇にセーラとみやびを、アフロディーテとバッカスに見立てて描いてもらいます。
ほ〜ら、コレクションしたいでしょ。(笑
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2018/11/15 9:35 PM
いいですね

ボージョレ委員会のリリースもあてにならないのでPouilly-Fuisséの生産者からの話を聞くと今年は...

暑くてカラっからの炎天下に汗を滴らせながら頬を紅潮させたキャミソール姿のみやびちゃんがオンザロックの赤ワインを飲むイラストが良いですね...

管理人さんの仰る通りエロが必要です。
漫画では見る事の出来ないみやびちゃんのエロカット....

買います!!


春先氷河害の年なら着込んだモフモフみやびちゃんとか
雨に悩んだ年なら、ゲリラ豪雨にやられてワイシャツからブラ紐が透けて見えるみやびちゃんとか


その年の天候をテーマにし「エロみやびちゃん」なら毎年セラーの肥やしにしますね!!
  • ワイン刑事
  • 2018/11/15 10:15 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode