コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #147 「大地と海の融合」


雫の表現に対して、自分の表現と酷似していると指摘する遠峰。

 


もう、滅茶苦茶ですね。


ロベールが雫の負けを確信した理由は、ワインの温度が低かった事。
そんな事、サーブするためにワインボトルに触れた瞬間に解って当然!
完全に、作者のその場だけの思いつきで、極めて不快です。

 

決戦の場に、自分が選んだワインを持ち込んでからの保管状態に問題があったのか、持ち込んだワインの温度がすでに低かったのかは、一切触れられていませんが…
今まで10年以上、決戦の場に出されるワインの温度(管理状態)なんて触れられた試しがありませんし、そんな根本的な問題すら、今まで放置状態で、今さら話題にすべき事なのかと、呆れ果てています。
さらに、料理が冷めるとか、これまた今まで大して重要視されなかったことで緊張感を高めようと…

ものすごく、低次元な戦いのレベルがうかがい知れます。


そして、温度が低くて開いていないワインを開かせるのに… その解決策が、お決まりの高い位置からのデキャンタージュ…
で、相変わらず、観客(この場はオフィシエたち)からは驚嘆の声。
10年全く進化なし。(苦笑


ワインの温度を上げること、ワインを開かせることと、雫のやった高い位置からのデキャンタージュの効果に関しては、もうスルーで良いですよね。(苦笑

 

 


さらにさらに、投票の場になって、遠峰からの「盗作」疑惑申請。
雫の表現(妄想)は、先攻の遠峰の表現(妄想)に酷似していると。(爆


ん? この漫画って、料理に合うワインをマリアージュさせることが趣旨ではなかったのですか?
今の状態、突き詰めて言えば、口の上手い奴が「勝ち」って事ですよね?

 

で、口が上手い事が、ワインを味わう事と、どう関係しているの?(爆笑

ワインを美味しく味わいたいという、最も基本的な読者の視点からは、全くの異次元へ乖離。

ワインを飲む自分に酔っている様子を、自慢げに見せびらかす展開が、とても気持ち悪いです。

(少々多忙中につき今週はこれにて失礼!:笑)

 

 

 

今週登場したワインは。

シャトー・クリネ

楽天のシステム変更により 2017年以前の記事内 登場ワインリンク は表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫


PR:歯医者 口コミ岐阜 インプラントふるさと納税 スーツが実質2000円

コメント
ちょこっと命の洗濯に出ておりました。

相変わらず場当たり的に恰好良さそうな言葉を並べて、根本的な事が解ってないですね(笑)

そもそも紅焼排翅のスープはトロみをつけた餡になってる段階でちょっとワインをアエラシオンしてる程度の時間なら、普通のスープと比べて冷めるのもゆっくりな訳で…

そもそもClinetクラスのヴィアンドに併せてゆっくりと愉しむワインなんですから、熱々のうちに愉しむ料理と併せる事なんて想定されてない訳で…

いったいどんな試飲・試食のしかたをしているのでしょうか(笑)


更に私から言わせれば
熱々を頬ばった後に、「適温よりやや冷たいワイン」を口に含んで「口の中の体温でワインの風味を解いていく」って愉しみ方だってあるんですけどね…
  • ワイン刑事
  • 2018/09/06 2:46 AM
ご指摘の様な方法で作者が酔い痴れれば、今度はそれこそが「通」の間では常識なんだと自慢されるのでは?(笑
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2018/09/06 2:26 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode