コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #132 「黄金のフカヒレ」

 

遠峰と西園寺は、世界最高品質のフカヒレの製造過程を、工場見学する。
 


笑っちゃいませんか? 上のあらすじ。
ほんと、それだけのお話なんですよ。(爆

 

今回は、取材をそのまま絵にしただけの回でした。
これではレビュー出来ません。(笑


ツッコミどころもありませんので、全くの別アングルから攻めてみます。

 

 

取材先は「株式会社 中華・高橋」。
取材先担当者は代表者で、取材先店名も明記されるのが「神の雫」の常ですが、今回は建物外観と一担当者(尊顔は社長と似ている)が工場内を案内するの絵のみ、取材先明記なしという軽い扱い。


これが何故なのか…、理由を妄想で膨らませてみました。(笑

 

1)取材先を明らかにする事を拒否された
  → 普通はこれ
2)かの有名な「神の雫」の作者様だという厚遇を受けなかった
  → 過去に感じたのはこのパターン
3)作者自身が取材に行かなかった
  → 今回はこれかも?(笑

 

1)の説明は不要ですね。2)は第十二の使徒編での、星野リゾートのお話の時がこの感触でした。
ただ、今回は、1)2)のいずれでもない印象で、思いついたのが3)です。

 


では、なぜ作者自身が取材に出向かないのか、コレは簡単。

 

a)取材先に酒の席で自慢できる有名人がいない
b)食事(高級ワイン)代を経費に出来ない

 

ってな所でしょう。

 

 

 

今回は「取材の垂れ流し」でしたので、私の方は「妄想垂れ流し」でまとめてみました。(爆

 

 

 

取材した結果、遠峰の言葉と心の声

 

だから私は 確信しているの ですよ
王大人は 必ずこの気仙沼の 天日干しの ―
「黄金のフカヒレ」を使った姿煮と ―
ワインを合わせて みろと 言ってくるに 違いない

 

雫君 君は果たして
この 「黄金のフカヒレ」に たどり着くことが できるかな?

 

 

私は、雫君ではありませんが、5秒で発見できます。
ウィキペディアで「ふかひれ」を検索、ハイ終了。(爆

 

その後、10分ほどネットを徘徊したら、取材先の「株式会社 中華・高橋」に辿り着きました。
作者の自慢ネタって、そんなレベルなんですよね…(悲

 

 

前回ルール改定があったかもとしたのですが… 雫は周が作った麻婆豆腐とワインを併せると断言していたのに、遠峰は王大人は気仙沼の「黄金のフカヒレ」を出してくると確信。 お題の中華4品は誰が作るのでしょうね…

ま、おそらく作者は、何時ものように、成り行きまかせと言うのが実態でしょうけど。

 

 

今週登場したワインはありません。

 

楽天のシステム変更により 2017年以前の記事内 登場ワインリンク は表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
気仙沼のヘリポート調査ご苦労様でした!

管理人様の仰られるように、「ちょっとキーボードを叩くだけで」ある程度のところまでは調べられる訳ですが、
その「ちょっと」が検索リテラシーの差でだいぶ変わってきますからね(笑)


フカヒレメーカーさん調べたら、清住庭園の誓くのスタジオ(?)でも取材できそうですね。
水天宮にもアンテナショップありますし。
現地取材には行かなくても東京で充分取材出来そうなので、せめて東京では取材をしていると信じたいのですが、確認したところ今日まで作者様のオフィシャルブログやfacebookでも、このメーカーさんの商材を食べたような投稿が見当たらないので、きっと行ってないでしょうね。
(取材に行けばお土産くらいもらえそうですし、もらえなくともメーカーのこだわり等を丁寧に取材すれば何か買って帰りたくなると思うのですが…)

取材のお礼も兼ねて作中には盛り込めなかった事をブログやsnsで紹介しそうなものですが、もしかしたら『神の雫に登場させてやった』ってスタンスもありますかね?

ヘリでの移動もろくに考証されていなかったあたりからも
「取材を行っていない説」有力ですね!
  • ワイン刑事
  • 2018/04/19 11:19 AM
検索も最近は、アクセス地域、前の検索キーワードや、訪問サイト履歴を反映してきたりで、余計な気遣いがウザ過ぎます。便利と感じる時よりも、大きなお世話と感じる事が多い私です。(苦笑
Googleが隠そうとしている部分にこそ、ネットでしか得られない情報が、ごく稀にあるんですけどね。まぁ、99.9%ゴミですけど。(爆


取材はスタッフに行かせたという光景が、今週の神の雫を読んだ時に、心象風景で浮かびました。(笑
スタッフは、デジカメで写真撮りまくって、それを大先生が軽〜くチェック、ストーリーを口頭で指示、スタッフがネームにしている様子が、浮かびます。


神の雫に登場させてやったというアロマは強く感じます。(爆
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2018/04/19 7:15 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode