コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #126 「霧の中のワイン」


佐和子が周の麻婆豆腐に併せたローヌのワインを探す、雫達。
 


まぁ、なんてご都合主義で大雑把なワイン探しなんでしょう。
自分たちが飲んだにも関わらず、(作者に)都合よく、ワインの銘柄が何だったか知らない劉姉弟。
各AOCを1本を飲むだけで、AOCを総括、ローヌを悟ってしまいました。
そして、辿り着いたのは、シャトー・ヌフ・デュ・パプ。
13種の葡萄が使用可能で、玉石混淆、フランスで最も個性豊かなAOC。
おそらく、その中で最もブルゴーニュっぽいクロ・デ・パプを1本飲んだだけで、シャトー・ヌフはブルゴーニュっぽいと断言。

 

 

おまけに、雫はローヌを旅した時、ほとんどの造り手を飲んだと豪語。
劉姉弟がそのワインを飲んだ時の心象風景を聞くことで、目的のワインが何なのかを雫は確信します。
だったら、最初っからそれやれば良いじゃん。

 

 

ローヌを絡めた理由は、単に作者が飲んだローヌワインを経費で落とすため?。(笑

 

 

今週登場したワインは。

クローズ・エルミタージュ ドメーヌ・マキシム・ショメル
コート・ロティ・ブロンド・デュ・セニュール ドメーヌ・ジョルジュ・ヴェルネ
ジゴンダス デ・オート・ギャリーグ ドメーヌ・サンタ・デュック
シャトー・ヌフ・デュ・パプ クロ・デ・パプ

 

楽天のシステム変更により 2017年以前の記事内 登場ワインリンク は表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
サンタ・デユック・ジゴンダスは、雫が第三の使徒候補として最初に持っていったワインですよね(間違いでしたが)。
今週の話の中では、そのことをまるで覚えていないかのような雰囲気でしたが、独白でもいいので「俺が第三の使徒と間違えたワインだ…」とでも余白に入れてもらえれば、せっかく長期連載している強みを多少なりとも生かした味が出ると思うのですが。

さらに言えば、過去に、中華とのマリアージュ(中華にはイタリアワイン!)や、麻婆豆腐とは違いますがキムチとのマリアージュ(刺激には刺激!)をやっているわけで、その辺りを全く回想しないのも非常に不自然に感じます。

使徒編は「なかったこと」にしたほうが話を作りやすいということなのでしょうか。
  • 漫画読み
  • 2018/03/01 10:24 PM
酔っぱらい上司の自慢話レベルですから。(笑
話の整合性を取ろうとか、一貫性を持たせようとか、そんな意思は全く感じられませんよね。
刹那的な作話の方が、読者は気楽に読める(作る方は、もっと気楽に金もうけ出来る)ってメリットはありますが、話の深みは、極めて出しづらいと思います。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2018/03/02 8:19 AM
CNPがブルっぽいですか…
よくピノしか飲まないというブルオタが、突然グルナッシュに目覚めちゃうですよね(笑)

そして、だいたいきっかけは熟成したグルナッシュです。
理由は簡単で、熟成したグルナッシュ、特に伝統的な(というか発酵前の低温浸漬や強い抽出を行わないモダンではない)スタイルの熟成したCNPやバケラス、ジゴンダスってこなれたブルゴーニュっぽいところありますからね・・・

今回はそこそこ熟成したclos des papesを飲んだのでしょう。
んで、とっくの昔からそれに気づき、CPが良いと無名の銘柄を発掘してきたのが、彼のP様ですからね。


ところで楽天アフィリエイトのリンクテキストが
「シャトー・ヌフ・デュ・パプ ル・クロ・デ・パプ」となっておりますが、これは神の雫記載でしょうか?
そもそもアルファベットをカタカナにするのがナンセンスですが、
クロデパプの綴りはclos des papes(sは無声音)で複数形の筈なので、冠詞はル(le)ではなくレ(les)になる筈ですが。


しかし
「ローヌを旅した時、ほとんどの造り手を飲んだ」ですって(笑)
今後も話の整合性を取るつもりがないからできるハッタリか、若しくは今後ローヌは出さないつもりですかね・・・
  • ワイン刑事
  • 2018/03/02 3:00 PM
ご無沙汰しとります。
ほんっと、この内容で打ち切りにならないのが不思議で仕方ないです笑
  • アニー
  • 2018/03/03 1:28 PM
ワイン刑事さん>
本編中では、「クロ・デ・パプ」となっていました。
私が、ショップからワイン名をコピペしたので…。(爆

なんとなく、作中のワインの味わいの表現が、エノテカでの「クロ・デ・パプ」の紹介文とソックリなので… 後は推して知るべしって所でしょうか。(笑

アニーさん>
お久しぶりです。(笑
どなたかも疑っておられましたが、講談社の弱みを握って独立したとか?(爆死
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2018/03/03 4:29 PM
私も気になって確認しましたら、そもそも商品名としてのclos des papesそのものに冠詞は付きませんね・・・
指摘するとしたらソコでした。

っで、なぜこんな表記があるのか調べましたところ、フランス語の作文で、1本のクロデパプを指す文章に対し、定冠詞のleがつき le clos des papesという表記は見つけました。

ややこしいですね・・・

ただ、日本のインポーターや酒販店はそこらへをあまり検証せずに、カタカナにおこす方が多くみられますね(笑)
毎日毎日ワインに触れているのならば、この程度の事くらいは違和感を感じて欲しいんですけど・・・


そういえば以前にも管理人さんが
怪盗ル・ヴァンって複数の盗賊だから
「les vins」レ・ヴァンだろ!!

って思いっきり突っ込まれていましたね(笑)
  • ワイン刑事
  • 2018/03/05 10:31 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode