コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #117 「熟成と劣化」


7品目「小籠包」とのマリアージュで拍手を得た雫は、四大中華勝負で「小籠包」に合わせるワインが見えてくる。

 


蒸したての小籠包を前に、のんびりと合わせるワイン選び談義に華を咲かせ、客に出すための小籠包を(和気あいあいと)つまむ雫たち。(笑
先週号で「(小籠包は)簡単に マリアージュ できる料理 じゃないですよ」なんて、ハードルを上げる発言をしていた雫ですが、セラーをパッと見ただけで、ズバリ正解のワインが、偶然にも残されていることを発見!
おまけに、エンディングでは、四大中華勝負で「小籠包」に合わせるワインの「輪郭」が見えたと断言してしまう雫。

この前まで言っていた、料理を出される順番なんてもうどこへやら…。
ほんと、ハードルだけガンガン上げておいて、やっていることは、偶然が必然と言う軽さ。


「超本格的茶番劇」ですね。


陳はシャトー・スミス・オー・ラフィット・ブランが盗まれずに残っていた理由を、「明るいところで みると わかりますが 保存状態が よくなかった のか かなり琥珀色に なってましてね」と言っていますが。
たしか、シャトー・スミス・オー・ラフィット・ブラン ってかなり濃い目の茶色ビンですよ。
明るい所で見ると、色の変化が解るんだ…(笑


これを書いていて思い出しましたが…
2〜3年前に、シャトー・スミス・オー・ラフィット・ブランの'96が出回りました。
私もいただきましたが、あれは完全に「蔵出し」で… ピークを超えるどころか、若々しさを感じましたよ。
もちろん、ジャズは聞こえてきませんでした。(まじ

 

偶然にも、今回登場したヴィンテージと同じですね〜(笑
偶然の訳がない、たぶん、同じロットで、作者は「蔵出し」だと言うことに気づいていないと考えるのが、自然です。

もしかしたら、同じロットのワインの「保存状態がよくなかった」のかも知れませんが。

 

で、グダグダと長い能書き垂れながら、ワインを勧められたマフィアたちの反応も、雫の解説に都合の良い「合いの手」ばかり。

雫が厨房に戻る前に、早々と「小籠包」とワインをお替わり&拍手喝采。
同じ銘柄のワイン… セラーに何本残されていたのでしょう。(爆

 

1本目は、雫と原島と陳の3人が、各々、客並の量をグラスに注いで厨房で飲んでます。
残り半分くらいになっているボトルをマフィアに振る舞ったら、確実に銃殺されますから…(笑
2本目を振る舞ったと考えるのが普通です。
さらに、客席で雫が妄想を語るために、再び1杯飲んでいます。これは、客ボトルから注いだのでしょうか…(恐

そして、お替わりの3本目が無ければ、これまた銃殺対象で…


そもそも、テイスティングで、客と同じ大きさのグラスに、客と同等量のワインを注いでいる時点で「ド素人」丸出しですよね。(笑
作画の責任か、作者の責任か知りませんが…

 

 

 

今週登場したワインは。
シャトー・スミス・オー・ラフィット・ブラン

楽天のシステム変更により2017年より古い記事内の登場ワインリンクは表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
私も以前'96買いましたよ(笑)

前々回のVinexpoの時、会場から車で比較的スグの場所だったのでシャトーに遊びに行ったので、ついお付き合いで(笑)

私が数年前に'96を飲んだ記憶では、まだ若々しく酸が溌剌としており、白い小さな花の香りがするサボンの様なアロマが記憶にあります。(テイスティングで石鹸はネガティブな表現ですが、清潔感を感じさせるサボンの薫りです)

ここのシャトー、石鹸(?)等も作ってるから、私がそのイメージに引っ張られているだけかもしれませんが。


まぁ、作者の飲んだボトルの状態がどのようだったかはわかりませんが、少なくともトンローポーとジンファンデルの後ではその後のSHLでは果実味が持っていかれると思いますがね・・・


取材中、既に酔っぱらってて味も順番もどうでも良くなったのかと想像してしまいます・・・
  • ワイン刑事
  • 2017/12/07 11:19 AM
現地で買われたのですね。(驚

作者酔っぱらい説、なんとなく頷けます。(笑
コルクの状態が描かれていないのも、それで納得。
色とヴィンテージからの思い込みなのでしょう。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/12/07 4:55 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode