コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #113 「おもてなしのワイン」


マフィア4名の到着。前菜とスパークリングをサーブ。

 

 


と、言うことでした。

 

登場人物にチャイナドレス美女はなし。
オキモト女史の画力を無駄に使うなと、そこは強く言いたい。

 

余談:オキモト女史、人物はキレイだけど…
遠近法、パースは苦手みたいですね。
今週号もマフィアが着座した1コマなんて、部屋のパースと人物がチグハグで、見た瞬間にめまいが…(笑


内容:展開は当たり前で…
料理と泡ワインのスペックを滔々と連ねているだけ。
あとは、マフィアは怒らせるとヤバイというアオリ。(笑


なので、今週はこれにて失礼!(爆
ああ。今週号も、神の雫は5番目という上位掲載。
島耕作の掲載位置なのかな?

 

 

今週登場したワインは。
グレイス・エクストラ・ブリュット

楽天のシステム変更により2017年より古い記事内の登場ワインリンクは表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
スリットチャイナ美人の登場しない中国料理編にレビューの価値なし!
って事ですね(笑)

この国産スパークリング、
最近、神の雫wine salonで大量に寄稿しているY氏イチオシのワインですね。
きっとY氏の文章の語調だけを変えてそのままスペックを紹介しているものと想像がつきます。


たまにはワインのセレクトについてコメントを、、、
作者をはじめ
「何故日本の市場はex brutや0ドサージュ系の辛口が好きなのでしょうか?」

どこの国の、誰が作った料理であれ、辛口系の泡って無難すぎません?

折角中国料理なんですから、泡だからこそ通常ではあまり紹介される機会の少ないdemi-Sec 〜 douxのような甘口寄りの泡で冒険しても良かったのでは・・・

と思いました。
  • ワイン刑事
  • 2017/11/09 11:12 AM
グレイスがイチオシなのでは無くて、三澤彩奈氏が好きなのかも。(笑

紹興酒でも甘くして合わせますからね、確かに口当たりすっきりばかりでは、面白みに欠けますね。

なんとなくですけど、作者はすでに一流のワインテイスターで、冒険しなくとも目的のワインが選べることを主張している様な感じもありますね。
以前は、ストーリーの余剰ワインだなってのが、たまに紹介されていたのですけど、最近は見かけないかと…。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/11/09 4:07 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode