コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #104 「熟成と信頼」

 

雫の選んだワインで、原島・屋敷は高校時代の野球の試合でのチームプレーを思い出し、和解することができた。
 


蕎麦パスタに合わせる最後のワイン(赤)が出され… 5番、屋敷の打席を思い返す、原島。

 

試合の内容は、前号のコメント欄で、色々と検討しましたが…(笑
相手チームは、5番打者相手で、1塁が空いているにも関わらず… 敬遠しませんでしたね。
もちろん、その日の屋敷の調子や、エラーに関しても触れられていません。

 

パワーヒッターという設定の屋敷ですが、2塁ランナーの原島を還す事を意識した、チームプレーに徹するバッティング(1・2塁間を抜く流し打ち)で、逆転勝利となりました。

 

『チームとして 熟成した選手同士の 信頼感 それを 表現できればと 思って このワインを 選んだんです』
『そう─── この 組み合わせ は───』
『言葉はなくても 思いを通わせ合える もの同士の 「信頼の マリアージュ」です』


表面上はうま〜くまとめた雰囲気ですが。


個人的には、浅すぎ、安直すぎると思います。(毎度!
たぶん作者は、シンプルに、チーム内での信頼を強調する勝利を描きたかったのでしょうけど…
全てが万事。 思いつきだけで、その検証が行われていない印象です。
作者の周りにだって、野球に詳しい人は沢山いるでしょうし、いないなら編集担当が調べるべきでしょうに…

 

ワイン漫画なんだから、野球はこのレベルで良いんだよって?(笑
その肝心のワインも、語られている内容は、野球と全く同じ扱いですよね。
ワイン紹介いい加減。 見せる妄想もいい加減。 結局全部いい加減って感じです。

蕎麦から泡・白と拘ったロンバルディア産、最後の赤は、お隣のピエモンテ産だし…。

 

 

『屋敷 素晴らしい店に なったな』 って、どの辺が?(爆死

一夜漬けで、ワインの銘柄変えただけでしょうに…

 


テルツォ編はこれで終了のようです。

 

最後になって、美咲さんと屋敷はどうやら結婚していないらしい事が解ります。
で、屋敷としても、店が安定したから、いよいよ。 って感じみたいですが…。

そう、話として、こういう見せ方は良いと思うのです。

 

ただ、最後にこれを持ってくるなら、途中に伏線を張っておいて欲しい。


最後に突然これじゃ…取ってつけたような演出になっちゃうんですよね。

 

 


今週は「島耕作の事件簿」はお休みです。

 

 


今週登場したワインは。
バローロ セッラデナリ

楽天のシステム変更により2017年より古い記事内の登場ワインリンクは表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
なんだかよくわかりませんが内容が薄すぎて何を伝えたかったのかわかりません。

ただ一つ分かった事は
Tボーンステーキと蕎麦のパスタと豆乳バーニャ・カウダの自慢をしたかったって事で宜しいでしょうか?




今週も立ち読みしましたが
私の感想は

カウント0-2に追い込んでいながら、クリーンナップ相手に遊び玉もなしに勝負して打たれた相手高校のバッテリーが悪い!

って事と、

二塁ランナー還したらサヨナラなんですから、普通なら「ライトの肩が良い」のでクロスプレーという以前の段階で普通は前進守備を敷いているという事です。


これ以上無知な作者の野球ネタに言及したところでどうしようもありませんが、
「二・三塁なら前進守備の外野の頭を越えるヒット」の方が現実的ですね・・・

一・三塁にしておけば外野は定位置なんですからキャプテンの好走塁のシーンも演出できるし、満塁策にしない不自然さもないし良かったんですけどね・・・


こういう所からも以前に言及しましたが
「弟氏ってスポーツやってなかったんだろうなぁ」
ってのが伝わってきます。
  • ワイン刑事
  • 2017/08/31 3:53 PM

今号で自慢したいのは… ワインセレクトのセンスと、そのワインから妄想した内容のセンスなのでは?… と思います。(笑
詰まる所、それ以外は作者にとってど〜でも良いみたいな気がしています。

Tボーンは「ちょっと作りすぎちゃって」と美咲さんが言っているくらい、もういい加減な扱いになっています。(笑
そこも、屋敷に対して多めの肉を渡すシーンを一コマ入れて、美咲がアイコンタクトで☆でも出してくれれば、「ちょっと作りすぎちゃって」のコマが活きてくると思うのですけど…


野球の描写に関しては、私も同じことを考えましたが…
その試合からビストロ9設立までを描いた1ページを見て、指摘するのをやめました。
準決勝だったはずの試合、決勝はどうなったか、真ん中のコマでスコアボード描いているんですから、きちんとその後のドラマまで読者には読み取らせるチャンスがあったのに、既出の絵の使いまわしで済ませてしまって… 『信頼のマリアージュ』って宣言されても… ねぇ。

野球は単なる添え物みたいな扱いなんだなと、妙に納得してしまった次第です。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/08/31 6:30 PM
まぁ決勝で敗退して、甲子園には行けなかったのだから、

「一番最後に勝った試合が最も思い出深い」


って論法はわからないでもないんですけどね。
「特に徳俵いっぱいからの逆転劇」ですし。


>そこも、屋敷に対して多めの肉を渡すシーンを一コマ入れて、美咲がアイコンタクトで☆でも出してくれれば、「ちょっと作りすぎちゃって」のコマが活きてくると思うのですけど…

そうなんですよね


これを額面通りに受け取ると、リニューアル初日ならまだしも、相変わらず勢い余ってたくさん作ってしまう「原価コントロールの出来ない経営者」
から脱却できていないんですよね(笑)


先週の管理人さんのコメントに

ワイン漫画だから、経営ネタはこれで良いんです。

も付け加えさせてください。
  • ワイン刑事
  • 2017/08/31 8:04 PM

>ワイン漫画だから、経営ネタはこれで良いんです。

いやいや、忘れないでくださいね。
この漫画、ワイン漫画の領域にも達していないのですから。(爆笑


「徳俵いっぱい」って所、嘘っぽくても、3-2にしてほしいですね。(笑
あ、一塁空いてるのか(核爆  やっぱ、ダメダメな設定ですね。

6番は絶対、川藤ですし…(謎
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/08/31 8:22 PM
そこは間違えなく「代打川藤」ですね(笑)
  • ワイン刑事
  • 2017/08/31 9:35 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode