コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #93 「ワインアドバイザー」

 

まず雫は前菜に合わせるワイン3本を決める。

 

 

なんだか もう ツッコむ気力が…(笑

でも、頑張ります。

 

 


ランチタイムにもワイン推しだそうで…
なんとも、ゆるい「神の雫」ワールドです。(笑


で、『さっき』グルメサイトに雫の名前出したら、即、予約が何件か…(笑
これまた、ご都合主義全開の「神の雫」ワールドです。

 

即時反応を期待するなら。
グルメサイトに載せるより、そこはSNSでしょうに。
ネットの使い方が、とっても下手。

 

 


雫が考えた「テルツォ」大化けの秘策!

今週の扉に掲げられたアオリですけど、何が秘策だったのか、一読しただけでは私はサッパリ理解できませんでした。


ここで問題です。
雫の「秘策」は以下の6つの中のどれでしょう。
(以下はすべて、今週号で雫が提案していることです)

 

1)ランチはセットワインではなく、1杯300円ワインにする
2)非泡(スティル)は6杯取りで満足感を、泡は8杯取りにすれば高価な品が出せる
3)ランチは儲けよりも店に来てもらうきっかけをつくるつもり
4)選べるワインを前菜は安価で、メインは高価なものにする
5)泡にはガスを使わず、安価な非泡は普通のガス、高価なワインにはコラヴァンを使う
6)選べるワインにもオススメの順位を付ける

 

 

 

正解は!

 

 

 

 

わかりません。(爆

 

全部を合わせて、「秘策」なのでしょうか…
あわせ技だったとしても、大化けするほどの「秘策」って感じは微塵もありませんね。

全部、小粒で、姑息な感じ。

 

 

そう言う意味では…

一番の「秘策」は、美咲さんが勝手にやった、グルメサイトで神咲雫プロデュースを告知した事だったような気がするのですけど。

 

 

 

今週登場したワインは。
ヴァン・ブレバン キュヴェ・ローラン
イル・プーモ・ソーヴィニヨン・マルヴァジア カンティーネ・サン・マルツァーノ
カサス・デル・ボスケ・ピノ・ノワール・アーリー・リリース カサブランカヴァレー

 

楽天のシステム変更により2017年より古い記事内の登場ワインリンクは表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
あじゃぱー☆

結局はネット集客ですか…



それって割引券バラ撒いたか、キャッチーなイベントを告知したかの違いで大差ないですよね(笑)


結局それじゃあ
1.ネットで客が集まる
2.客層は一見客中心
3.中には利用マナー悪い客や店の雰囲気にそぐわない客もくる
4.純粋にお店の味が好きな常連が定着しにくい



で、今まで「経営改善の課題」だったグルメサイトからの集客に対する根本的な治療になっていないのでは?



「ワインと料理のペアリング」がウリなのであれば、雫コンサルタントが居なくなったら継続できないイベントでしょうし、仮にメニューとワインは固定で行くならもう店の寿命は長ないでしょうね。


Terzoさん!!
居抜きの造作売って撤退するならご相談乗りますよ!!
  • ワイン刑事
  • 2017/06/08 2:07 PM
秘策は「メインを牛肉料理にした」ではないでしょうか()

さて、マ・ファミーユ編のサンコムのような印象に残るマリアージュになりますかどうか期待です。
  • 漫画読み
  • 2017/06/08 8:20 PM
まだ今回の本誌は読んでおりませんが、
レビュー見るだけで、悪い意味で予想通りな展開。

そう言えばマリアージュになってから
単行本の収録話数が10話→9話になっていますよね。
こちらのブログ読み出したのは昨年からなので、もしかしたらすでにどなたかが書いている事なのでしょうけど、
単行本の数を水増ししたいのでしょうね。
9話なら神の雫の時の単行本は44ではなく50に到達していましたし。。。
内容が初期より薄っぺらく、単行本も話数削減で薄くなり、実質値上げに近いですよね。
ならサイズも少年誌の単行本にして下さいとツッコミ入れたいものです。
元々絵も話も好きだったから、こんな事書きたくないですが、魂胆が見え見えです。
それでも意地でも、作画の参考見本として目を通すので、最低限新品で単行本を買うので最後までは付き合いはしますが。。。
  • 無名漫画家志望
  • 2017/06/09 3:25 AM
どうやら秘策の答えは
bistecca alla fiorentinaとイタリアの泡のペアリングが大盛況!って事ですかね?
https://kaminoshizuku.jp/blog/164


本編公開前にネタを公開するって事は、まさかとは思いますがそれ以上のサプライズがありきでですよね(笑)


エチケットが確認できるのはfranciacortaのvezzoli。恐らくサテンとロゼでしょうか?
それとM社の裏貼りらしきものが貼ってある透明なボトルからFerghettinaのmillesimatoあたりでしょうか?


わかりきっていた事でしたが
「肉(提供する店が少ない事がウリでしょうか?)と泡」の意外な組み合わせ。
こんな程度の事でお店が大盛況しちゃうんですね!!
神の雫ワールドでは。

もう、店舗経営者と読者と、そして全てのワインに対して謝ってほしいですね。



ワイン刑事としては、そろそろワイン冒涜罪で逮捕状の発布を請求したほうがよさそうですね・・・
  • ワイン刑事
  • 2017/06/13 7:34 PM

すみません、少々私的に多忙中でして、お返し逃しておりました。


漫画読みさん>

個人的には、マ・ファミーユ編も単独でそれほど面白いとは…(爆
ワインを語る上では基本の内容で、導入としてはいい感じかと…、奥さんの思いも上手く加味され〜の、第一の使途序章としてあれをブチ込んでくるという全体の流れとして、評価に値すると思う次第です。
あと、アレです。 遠峰が、雫の存在に気付きながらも、流す部分は大人っぽい描き方かと。


無名漫画家志望さん>
単行本、9話化は私も気づいておりました。
単行本毎で、まとめは作っていますので、当然ですね。(爆
で、実質値上げの補強材料として… 一冊10話の時代から、1話20ページは変わりませんので、完全に値上げです。(笑
10話を9話にして… これ、キャバが1セット1時間じゃないのと、同じ手口です。(笑

最近、オキモト女史の絵もアシスタントが下手(と言うほどでもありませんが)なのか、室内のパースが狂っているのがやたら気になる時があります。 特に円。 座面が丸いのや、皿、ワイングラスのフット(プレート)部分が床やテーブルとのパースの狂いで、浮いて見えるのが…


ワイン刑事さん>

メインはTボーンですか…

で、
その結果は、『マリアージュ 神の雫最終章』本編でご覧下さい。
って書いていありますね。(核爆発

素人見解ですが、焼く肉の大きさと、コンロ、炭、バランス悪すぎる気がします。
2枚目の写真見ると、即時ひっくり返しているし…
これでは、焼き目も美しくない…
本格ですか?(苦笑

ワイン刑事さん ワインと肉に、土下座させてください! ぜひ!(笑
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/06/13 8:53 PM
管理人さん>

鋭い洞察!確かに肉を返すのがあまりにも早すぎですね(笑)
しっかりと素材を練ってから作話せず、覚えたネタは精査せずにスグに使わないと気が済まずにストーリーに落としこんでしまう、作者様の性格そのままが写し出された写真かと

そして良く見ると周りの植え込み等とグリルの位置関係から、すこしグリルを遠くに動かしましたね。
察するに煙が凄かったのでしょう(笑)
  • ワイン刑事
  • 2017/06/13 10:46 PM
ここにきて、漫画読みさんのご指摘どおり、秘策は「メインを牛肉料理にした」だった事が判明いたしました。
漫画読みさん、お見事!!

ワイン刑事さん>
あの写真の炭の状態では、煙が凄くて当然ですね。(笑

諸説あるとは思いますが… 私が写真のボリュームのカタマリ肉を焼くなら
「白き灰がちになりてわろし」まではいかなくても…
炭はしっかり火が行き渡って、表面が白くなっている状態で、遠火にて出来るだけ肉の油が溶け出さないように… 長時間掛けて焼きます。
蒸し焼き用の蓋も見えていますので、それも使わない手は無いですね。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/06/15 11:35 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode