コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #90 「雫の決意」


雫はテルツォのワイン(マリアージュ)のプロデュースを申し出る。

 


いきなり笑わせていただきました。
先週号、エンディングのコマは、テルツォのワインリストを見た雫の「目を見開いて」一言。

 

「…これは」

 

という絶句で終わっていました。

 

 

 

雫を刮目させ、「…これは」と言わしめるワインリスト。
普通、何か大変なイベント発生を期待しますよね。


ところが、今週号トップのコマは… みやびの一言。

 

「このワインリスト… イタリアワインに統一しているのね 頑張ってるっぽいけどなあ…」

 

 

 

読者をバカにしているの?(爆笑

 

 

まぁ、この流れが、今の「神の雫」を象徴しています。

「凄い事を言っているように見せ掛けて、内容は何も無い」

 

世界的に権威のあるワイン評論家っぽい集団、神の雫騎士団の幹部が言っている事は、単に個人的な好き嫌いだけ。
肝心のワインに関する記述は、インポーター資料を連想させる内容で、街中のワインショップのPOPの方が遥かに気が利いているレベル。

 

 

 

そして、今週号のエンディングは…


「僕は神咲雫 ワイン評論家 神咲豊多香の息子です」
---中略---
「マリアージュを プロデュースさせて下さい」


やっちまいました。
ついに、自ら権威を笠に着てしまいました。


一応名乗る時に、二の足を踏む様子は描かれていますので、作者自身としても言い訳は必要だった様です。
それともこれがタイトルの雫の決意だったのでしょうか?

キッパリ断られ、雫がいじけると面白い展開です。(爆


今までは、父親への反発もあってか、神咲豊多香の息子である事は明かさず、雫が滞在中に周囲が気づくパターンでした。

--- 雫が去った後で気づくとか、去った後も気付かないパターンがシリアスなドラマ(個人的嗜好)だと思うのですが、この作者、どうしても主人公(作者のメタファー)が褒め称えられるシーンを描かないと気が済まない様です。---

 

こうなると、最初っから、権威で褒め称えられ、終始大絶賛、凄い凄い、さすがだね! パターンがOKになります。

そう、まるで、神の雫の作者を名乗ってワインバーを予約するような流れです。(笑

 

 

 

そして、マリアージュをプロデュースするって…
なんでしょ、それ?

 

響きはカッコいいですけど…
現実的な話、今テルツォで出しているメニューに合うワインを選ぶってだけの事でしょう。


当然、作者の中で、合わせる料理とワインはすでに決まっているのでしょう。
だから、メイン2品の後に、ピザもしくはパスタなんていう、意味不明なコース設定(アラカルトもピザとパスタしかない)になっていたのですね。(苦笑

 


今回もまた、読者には全く無益、作者の自己満足に終わりそうな企画です。

 

 

残された楽しみは、作者がどの時点で、パスタはプリモ・ピアット(メインの一品目)だと気づくか…
もしくは、確信犯的に、読者を舐めているのかも知れませんが。

 

 

今週登場したワインは。
● ルナ コンティ・ゼッカ
● カベルネ・ラツィオ ポッジョ・レ・ヴォルピ

 

楽天のシステム変更により2017年より古い記事内の登場ワインリンクは表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
今回も見どころは、作者がチョット聞きかじった程度のイタリアンの知識自慢に対してどれだけツッコミどころがあるかですね。

pastaやpizzaがprimi piattiどころか
「〆の炭水化物」= terzo piatto
って事で、店名もterzoにしてるなら「パスタを〆に出す」お店に対する洒落の利いた皮肉で面白いと思いますが。。。


ところでterzoってワインには詳しくないお店なんですよね?
「神咲豊多香の息子」って言ってわかるものなのでしょうか?

私も日常でつい皆が知っているものだと思い込み、「ベタンヌが・・・」なんて話してしまい、「えっ?誰?」って反応されてしまうことがあります。
まぁ作者は自分に都合の良い人達としか付き合わずに、意に介さない事を言う人たちは遮断しているから、そんな事もわからないのでしょうが。

恐らく作者は「神の雫」って名前が相当ブランド化していると勘違いしているでしょうね。
神の雫ワインサロンも根拠のない自信から立ち上げちゃったのが透けて見えますし。
あのサイト、商売を舐めている雰囲気がプンプン匂ってますし、絶対売れてませんよね?

どうせ「別に本気でやってないから売れなくったって全然いいんだよ」とか言ってそうです(笑)
  • ワイン刑事
  • 2017/05/18 1:06 PM

「〆の炭水化物」= terzo piatto

上手い!

そういうヒネリの利いた小ネタが散りばめらえていれば、このお話も一味違ってくるでしょうに。
残念ながら作者にそれだけのセンスは無い様子。
ビストロ9が野球チーム乗りのお店という設定ですので、テルツォと言う店名は、学生野球でサードを守っていたからだと、この話題が始まった号で本編中に説明がありました。(爆


テルツォのフロア担当女性は、ワイン勉強中という設定みたいです。
オーナーシェフと名前で呼び合っていますので、夫婦か、恋人同士か…

雫の名乗りを聞いた彼女は…

「ええ あ あの 有名な先生の!」

と絶句。
「神の雫」ワールドでは、雫がすでに「神の雫」を巡るワイン対決をしている事は周知の事実という設定が予てからされていますし、なんやかんや言っても、結局主人公の二人は絶賛される役割です。(笑



神の雫ワインサロン…
ワインの好きな人にとって、「神の雫」ってブランドになり得るのでしょうか。
少なくとも、私の周りでは、お笑いネタの提供元としてしか語られないのですけど…

「別に本気でやってないから売れなくったって全然いいんだよ」
って漫画の原作でも言ってそう…(爆死

  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/05/18 2:56 PM
なんと!
野球でサードだからterzoですか・・・

だからビストロ9だったんですね!


私野球大好きなんです・・・

ワインのみならず野球も中途半端に詰め込んだ知識でいい加減な事を描かれないことを祈るばかりです。
  • ワイン刑事
  • 2017/05/18 4:50 PM
レストランに何度もリピートするかどうかは得か損かじゃなく感動のあるなしだと思う。

実に正論だと思います。

素朴な疑問ですが、素晴らしい料理とビールではだめなのでしょうか。(笑)
やはりワインとのマリアージュでないと一般消費者への訴求力は弱いということですかな。
  • 漫画読み
  • 2017/05/18 8:45 PM
レストランにて
「僕達は亜樹直 漫画 神の雫の原作者です」
---中略---
「お代をまけてください」

『は?知らないし無理です』

w
とかやってないかなぁ
  • アニー
  • 2017/05/18 8:56 PM
ワイン刑事さん>
大丈夫、ノリが体育会系と言うのと、語る心象風景が一般的な野球ネタってだけです。(笑
ビストロ9のメンバーの名前も、テルツォのオーナーシェフがサードなのに屋敷(屋鋪ではなく)だったり… とにかく、話を面白くしようという小ネタすら挟めない作者ですから。まぁ、顔は髭のあたり屋鋪顔かも知れませんが。


漫画読みさん>
いやいや、同じ銘柄の生ビールでも、美味しく入れてくれる店は、格別ですよ。
そして、そういうお店は料理も旨いです。
で、レストランで感動する場合の多くは、酒にではなく、料理に…って事の方が多いですね。大概、「お酒【も】美味しかった」って言いますよね。(笑


アニーさん>
たぶん、作者は自ら名乗る事はしない人じゃないかと、想像しています。
取り巻きが、「こちらにおわす御方をどなたと心得る」ってやってるんじゃないでしょうか。(笑

で、お店の人は、バスタオルで包んだ掃除機ひっくり返して置いたり、水戸泉関にピンクソルトの塊を…(略
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/05/21 10:20 PM
そこは掛布、若しくは原でしたね…
  • ワイン刑事改め野球刑事
  • 2017/05/22 8:13 PM
オキモト女史の絵で、掛布。(笑
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/05/22 9:30 PM
今気が付いたのですが、キャプテンの原島は、原+長嶋なのかも知れません。 何気にサード好き?(笑
しかし、キャプテンと言ったら、谷口でしょうに。(爆
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/05/22 11:40 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode