コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #89 「テルツォ訪問」


雫はみやびとテルツォを訪れる。出される料理には満足するがワインは…

 

 


店のオーナーシェフがワインには全く無関心って展開なんでしょうねぇ… やっぱり。
って言うか、原島キャプテンがそう言っていましたね。(笑


この設定も、何度目?
今時、料理に対する意識の高いイタリアンのお店は、当然、ワインにも気は使っていますよね。(苦笑

グルメサイトのクーポンとかの問題ではありません。
なんとなく、昭和の話を、今風に焼き直したけれど、仕事が「雑」って感じです。(爆


毎回おなじみ、便利なみやびちゃんを伴って問題のお店「テルツォ」を訪れると、まばらな客の中には4人組の酔っぱらいサラリーマン。 これまた、ありきたり…
酔っぱらいサラリーマン達が、「飲み放題」に任せて「やりたい放題」。 店の雰囲気は最悪。
それを嫌がって、引き上げる他の客たち。

あ〜、確かにそう言うサラリーマンの方も、今でもいらっしゃいますが…

多くの場合、彼らはこの手のお店を選ばないと思いますよ。(苦笑


出された料理は美味しいけれど…
雫とみやびに出されたワインは、典型的 安ワイン。
出来れば、その銘柄まで明記してほしかった。(笑

 


はてさて、この平凡な設定で、作者はどこへ話を落とすのでしょう。
そして、中華料理編への伏線となる何かが起きるのか…

まぁ、期待せず、生ぬるく見守る事にいたしましょう。

 

 

 

そうそう、メニューの記述順が間違っています。

イタリアンのコースの場合、パスタはメインの前ですよ。(苦笑

 

 

 

今週登場したワインはありません。
 

楽天のシステム変更により2017年より古い記事内の登場ワインリンクは表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
今回もつまらない話になりそうでホッとしました!!


メニューの順番、
現実にもありますよね・・・
コースで「〆のパスタ」、「〆のリゾット」とかって書いてるお店とか。
そういう店のパスタって「ズゾゾゾゾ!」って音をたてながら食べる客が多そうなイメージがして、何となくまずそうに見えてしまいます(笑)

私のオフィスの近所にある完全予約制のイタリアンは予約の際に料理のリクエストなどを伝えると「敢えてプリモとセコンドを入れ替えてる」と言ってました。
理由を聞くと、客側が「米と麺は〆」的な感覚の人が多いのだとか。(勿論お願いすれば当然ですがセコンドはパスタの後にしてくれます)

まぁここは日本ですけど、違和感が拭いきれません。
あと私は銘々皿ではなく大皿取り分けも嫌ですね(笑)

他にもメニュー表記で
イタリアンなら、メニューのパスタの欄が「pastiではなくpasta」だったり、スパニッシュでは、タパはtapasなのにパエーリャの欄は「paellasではなくpaella」だったりワインリストは大概の店が仏・伊・西・英語表記関係なく単数系だったりと(笑)

毎回、心の中で「そんな簡単なレベルの仏(伊・西)語の検証もしないで表記するんならカタカナだけで書けよ!」ってツッコんでしまいます(笑)
  • ワイン刑事
  • 2017/05/11 10:35 AM

はい。今回も、お陰様で、とてもつまらなさそうな展開で盛り上がります。


「〆のパスタ」「〆のリゾット」名古屋でも聞いたことあります。(笑
私は個人的に〆に炭水化物を食べる習慣が無いので、その轍にはハマらないでいますけど。



と、ワイン刑事さんの書き込みを見ていて気づいたのですが…
もしかしたら作者は「プリモ」(メインの1品目)がパスタやリゾットだと言うことを知らないのかも知れません。

作中表記(描かれていたメニュー)は以下の通りです。
カジュアルコース・ディナーコースとも同じ構成

前菜5品
メイン2品
ピザもしくはパスタ1品
デザート1品

うん、見れば見るほど、日本的。
たぶん、この記述だと、メイン2品って魚と肉と両方出て来るんでしょうね。
3.5K 4.5Kのコースで!?

駄目ですね、細かい所をチェックし始めたら、気になる事ばかり…
雫はアマトリチャーナを、みやびはマルゲリータをアラカルトで追加しています。
メイン4品って事ですか!? 居酒屋での注文ですね。(笑

オーダーの仕方も
俺はパスタの「アマトリチャーナ」
あたしはピザで「マルゲリータ」にしょうかな
って、アマトリチャーナソースのピザや、マルゲリータ具のパスタがあるんかい!

店側の前菜の5品の内訳説明…
「トマトとモッツァレラとバジルのカプレーゼ」とは、トマトとモッツァレラ以外のカプレーゼがあるんですかい!? バジリコだぞ!オレガノじゃないぞって言う主張ですか? そこ主張するなら、モッツァレラが水牛のってところも普通に言うんじゃないか?

これは、本編を読んでいらっしゃらない、ワイン刑事さんには意味不明になってしましますね。(苦笑
上の説明で出されたカプレーゼを食した雫が、本来モッツァレラは水牛の乳で作るもので、この店はそれを表記せず当然の思いで作ってると解説するシーンがあったのです。 これは単なる作者の知識自慢ですね。



大皿取り分けは、アラカルトの場合ですよね。
カジュアルなお店でなら、私はOKです。
「ルパン三世 カリオストロの城」で、ルパンと次元がパスタを取り合うシーンを見て、大盛りパスタの取り分けに憧れたので。(爆



カオス外国語表記のメニューに関しては、私だったら「〆のパスタも英語表記にしろ!」とツッコみます。(笑
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/05/11 12:13 PM
詳細な説明ありがとうございます。

当然のことながらコースを食べ終わってからカルトでピザとパスタを追加してるんですよね(笑)
まさか、父親に食事のマナーを叩きこまれた雫君が、初めて行った店でコースの量がどの程度かも知らないのに、いきなりコースに一品追加するなんて無礼な事はしてませんよね(笑)


まぁ、「王道のフレンチにワインをペアリングさせる」って時も何が王道なのかサッパリわからないメニュー構成でしたし・・・


薄々は、、、、いや最初からわかっていましたが料理の事なんて上っ面しか知らないクセに、マリアージュをテーマにしてしまったんだと改めて感じました。
  • ワイン刑事
  • 2017/05/11 1:31 PM
志の高い料理に加えて、飲み放題があれば、もっと流行りそうな気はしますけどね。なお、飲み放題は、発泡酒でなく本当のビールなら完璧です。
居酒屋としてなら、ですが(笑)

女性店員さんがワインに詳しい人で、ワインリストにはこだわりワインがラインナップされている…という話に進むと予想します。
  • 漫画読み
  • 2017/05/11 7:31 PM
ワイン刑事さん>

ファーストオーダーで、コース+アラカルト1品頼んでいます。
だから、居酒屋か! って話です。
クーポンのセットメニューに+1品(それも炭水化物系を!)って、完全に飲み放題→やりたい放題のサラリーマンと同じ土俵です。

たぶん作者は、ちやほやしてくれる、行きつけの店で、コースではなく、全部(コースをなぞらえた)アラカルトでオーダーしているのでは無いかと想像しています。

そう考えると、前回のフレンチのポーションがどうたら…って話も頷けませんか?(笑
ご姉弟と、あと一人くらい仲間がいて、アラカルトでオーダーすれば、それなりのボリュームで店は出してくるでしょうから、品ごとにワインを変えるなんてことも出来ます。
これって、ワイン刑事さんがお嫌いな、大皿取り分けパターンですよ、きっと。(爆笑

結局、自分たちのオーダーの仕方こそが、王道のフレンチだと言いたいのでしょう。(笑


漫画読みさん>

上で書いた通り、このオーダーの仕方は、完全に居酒屋です。(笑
ビールを併せた方が、確実に全品にマッチングすると思いますね、私も。

女性店員さんは、間違いなくワインに詳しいと私も思います。
あと、オーナーシェフの事が好きで、私が彼を支えたいと言うパターンじゃないですかねぇ。
で、雫が、シェフの料理と、女性店員さんの選んだワインで、奇跡のマリアージュ(妄想)を見せて、二人の仲を取り持つ…
協力し合える仲となった二人が経営するお店は、大繁盛!!!!!!!!!

何度目だ!? その昭和プロット!
酔っぱらいのサラリーマンが、即席で作ったお話か!?(爆

  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/05/11 8:46 PM
とにかくこのシリーズを我慢して追い続けると、漫画はやっぱりストーリー、だと思わせるには良い見本な気がします。
絵はとにかく綺麗で、見本として最適です。
我慢して読み続けていますが、そのお粗末さな内容に、まともに漫画本編を追えません。
もし、ストーリーがよくて絵が稚拙な作品があるなら、私はストーリーが稚拙で絵の綺麗なこのシリーズを読まずにストーリー秀逸な方を選びます。。
そう思うくらい、このシリーズの物語の質の凋落ぶりに呆れ返っています。
作画の見本だから我慢してますし、単行本も我慢して新品で揃えています。しかし、我慢にも限界があります。もちろん、ここまで来たら意地でも終わりまでは、見届けます。
  • 無名漫画家志望者
  • 2017/05/13 8:57 PM

絵も、今週号はかなり荒っぽくないですか?
パースの狂いは時々感じますが、今号はちょっと酷いかな…

店内風景のコマ。4ページ目、7ページ目、15ページ目が気持ち悪いです。
極めつけは、今週号のみやびは、全体的に、ニューハーフっぽい。(爆

GWで、スケジュールが押していたのかも知れません。(笑



私も何度もレビューを止めようとしましたが…
ココまで来たら、ホント 意地ですね。(笑
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/05/14 10:37 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode