コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

マリアージュ 〜神の雫 最終章〜 #86 「最後の1枚の記述」


ウォンの課題は「四大中華料理」と明かされ、その審査に加わることを辞退した仄香はロベールの勧告に従い神の雫騎士団のオフィシエを辞める事になる。

 


フレンチは、1オフィシエ1料理だったのに、謎の中国人のお題は、1人で4品目の様子。
もう、やりたい放題、気の向くままのルール設定です。
仄香がオフィシエを辞めたことで、審査員は6人。
中華料理対決は、さらにグダグダ展開の悪寒(?)がします。

 

 

既出、鎧塚氏に加え、三國氏登場!
これで、オテル・ドゥ・ミクニでの食事も経費で落とせる算段です。(爆


それはともかく、鎧塚氏再登場の意味が解りません。
片方の対戦準備に関わった人が、本戦にノコノコ出てきちゃダメでしょ…普通。
雫にラタトゥイユを伝授した松島氏は切り捨てたんだから、デセールも三國氏監修ってする方が自然です。

 


その上、犬の嗅覚を持つ雫が、本戦で出されたガトーショコラを作ったのが、鎧塚氏だと気づかない辺りも大マヌケ。
鎧塚氏と友達って事を強くご自慢したい様ですが、取ってつけたような登場のさせ方…

三國氏、オフィシエから大絶賛…

結婚式の引出物よろしく、ガトーショコラのお土産付き…
四流以下の茶番劇臭が部屋中に充満しています。

 

 

 

一方、騎士団オフィシエを辞める事になった、仄香。
実は遠峰の「サロン」と「プレ・サレ子羊」マリアージュに感動していながら、雫へ一票を投じたことで、私情を挟んだとロベールに指摘されてのこと。
ロベールの勧告によるものですが、本人も辞めたかった様です。

 

前々回のコメント欄で書かせていただきましたが、私の中で「神の雫」で残されている、唯一の「謎」が、豊多香、仄香、雫ママの三角関係なんですよね。
これだけは、仄香登場の時から、現在まで一本筋が通っている印象を受けています。
他は、もう、どうしようもなくグダグダで、設定変更し放題なのに。(苦笑


で、相変わらずですが、なにかあるぞ〜 という雰囲気だけ漂わせて、今回もその謎に迫る新たな情報はありませんでした。
多少なりとも謎を解き明かす方向で、的確な時期にネタがプロットされていれば、作者の作話能力を再評価するところなのですけど、五十数冊も単行本出してきて、初期設定以上に情報が開示されないって…
たぶん、作者、オチを考えていませんよね。(爆
もしくは、あまりに平凡なオチなのか。(笑

探し求める「神の雫」と直結するから、今は明かせないという読みも出来ます。

 

 

あと… 仄香は、ロベールの勧告の後、ロベールによって騎士団除名を宣言されましたが…
元々、騎士団って、豊多香がメンバーを決めたんじゃありませんでしたっけ?
何を気取って、勝手に除名宣告しているんでしょう…
もう、ほんとに、カッコばかり付けて、中身は全く充実感の無い、ご都合主義の展開…

 

 

 

 

なお、既出感満載の「四大中華料理」対決の開催時期など詳細は不明なままです。
奇をてらったマリアージュばかりで、いい加減、王道のマリアージュメソッドを見せてくれよって感じです。
もはや、作者が中華料理が食べたくなった。
それだけのことにしか見えなくなって来ました。

 

 

 

 

今週登場したワインは。
● シャトー・ディケム
● サロン・ブラン・ド・ブラン・ル・メニル

楽天のシステム変更により2017年より古い記事内の登場ワインリンクは表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
中華ですか・・・
スペインワインを頑張ってらっしゃる某ワインショップの社長も再登場させてペドロ・ヒメネスってパターンもありえますかね?

とりあえず今日のお昼は中華にします。
  • ワイン刑事
  • 2017/04/06 12:02 PM
本当に、豊多香、仄香、雫母の関係だけでも、いつか明らかにしてほしいですね。

仄香については、一方の実の母が審判の一人だったことについて、今まではOKだったのかというのも疑問ですが。

私の今後の妄想展開では、一青は途中退場。
「一青の弟子」のワトキンス&ローランが一青の遺志を継ぐとして参戦。
セーラが雫の協力者となり、2対2のチーム戦になる。

はい、ただの妄想です。(笑)

  • 漫画読み
  • 2017/04/06 8:27 PM
実在の人物との友達アピールが鼻につきますね。
行き当たりばったりの思いつきでその場しのぎのストーリー作りのせいで支離滅裂な感じは原作者の作品の特徴なんでしょうかね、初期設定はいいのにすぐ尻すぼみになるのは…
  • ヌスレット
  • 2017/04/08 8:40 PM
ワイン刑事さん>
作者って、酒、弱そうじゃないですか?(笑
強い酒は苦手なんじゃないかという印象ですけど、どう思われますか?


漫画読みさん>
仄香は一応、豊多香の愛人という仮設定なので、重用されるのは個人的にそれほど違和感はありませんでした。
そういえばご指摘通り、ローランとかワトキンス… どうなったのでしょうね。
セーラすら出てきませんね。(笑
ルパンのおばちゃんが、雫のパトロンになって…とかダメですか?(爆
もう、みやびすら、重荷になっているから、恋バナで絡めているって感じじゃないですか?(苦笑


ヌスレットさん>
上の通り、登場人物も、その場しのぎのハッタリばかりです。
どんな新しい展開が来ても、期待感を持てるのは3話くらいで、後はいつも通りのぬるま湯。
亜樹姉弟はもう、原案って事にして、作話は他の人に任せるべきでしょう。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/04/08 9:16 PM
管理人さん>

何度かワイン業界のイベントでお目にかかっていますが(私の様な他業種の人間に彼らはご興味ないでしょうが)、弟さんは少しの試飲で顔を真っ赤にし、暫くするとムキになりながら合理性のない言葉にこだわり、相手と会話が噛み合ってないお姿を拝見させてもらいました。

今思うと私がこの漫画に対して前向きな感情を持てなくなったのはその辺りからですかね(笑)
  • ワイン刑事
  • 2017/04/08 10:25 PM
なんと、まぁ、私のイメージ通りです。(爆
ここに現れた、作者らしき方も、ど〜でも良いような細かな記述違いを、早めに作者に教えてあげるべきか… なんて悩んでいらっしゃいました。
私の書き込みに対しては、ポジティブな評価部分だけに反応して、他は話がかみ合わないままに終わった記憶です。

ワインを飲んでいれば、フレーバードから酒精強化、グラッパやマールだって避けては通れないと思うのですが… そちらには興味がない様子なので、もしかしたら強い酒は飲めないんじゃないかと想像していました。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/04/08 11:47 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode