コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

今週の「怪盗ルヴァン」013 mission 3-3「クールジャパン」

夜、一般客のいなくなったオークション会場で、ルヴァンのメンバーはターゲット奪取工作を始める。

 

いきなりトリックのネタバレから始めます。
まぁ、皆さんもすでにお気づきでしょうから、トリックが解っているものとして書きます。
まだ、トリックに気づいいていなくて、次号まで楽しみたい方は、今回は読まないでください。(笑







遠目とはいえ、自分を相棒と見間違えるほどよく似た警備員が2人で警備しているなんて偶然は、あまりにも都合が良すぎます。 当日、何らかの都合で、人員配置が変わったらもうトリックが成立しません。
加えて、こんなに都合よく、シンメトリックな建物があるとも思えませんし・・・
たぶん、こんな構造の建物だったら、点対称ではなく、左右も完全対称にレイアウトするのが普通のような気がします。
それだったら、「左右反転鏡」なんて用意する必要も無く、普通の鏡で済んでしまうんですよ・・・
ま、全部、トリックを面白くするための工夫として許しましょう。(笑


前号で「光学迷彩」を使うと書かれていたので、部屋にあったもう一つの仕掛けの「L字の物体」もワイン消失トリックの一部かと思っていたら、それは「左右反転鏡」で、ぬりかべ(©水木プロ)の中に隠して警備員の横を自由に行き来するためだったのですね。
2組のL字鏡の裏側に隙間(通路)を作れば、そこは警備員の2人からは全く見えない通路ですからね。
(あ、片方の警備員は、「北側の詰め所」に行かせたので、鏡は2組用意する必要ないのかも)


「光学迷彩」の方は、凝ったトリックではなく、覗き窓という1点から室内を見た時に、空箱を写しだしてワインが無いように見せる、極めてシンプルな「光学迷彩」(と言えるのか?)でした。
警備員室には監視モニターがあるものだと信じていたので、てっきり、全周どこからでもワインが消失したように見せるトリックなのかと期待していたのですが・・・残念です。


でもでも、作者もやっと「正しい道」を選んだようで。
「この漫画の生き残る道に気がついた」もしくは「少しはやる気になった」
小ネタとは言え、トリックらしきものを仕込んできました。
そこは、今回評価できる1点目。

ただ、こんな程度では、昔の少年漫画レベルですし、青年誌では、本格推理ものとして、読者に挑戦は出来ません。 しなくていいか・・・



評価1点目としたからには、2点目がある訳で。
青年誌掲載での、もう一つの「正しい道」と言えば、皆さん、お気づきの通り・・・


マルゴー嬢のコスプレは良かった。(爆



オークション会場の商品展示が「クール・ジャパン」になっている謎とか・・・
ぬりかべの補修をするラフィット君には、完璧な鬼太郎のコスプレをさせるべきだろうとか・・・
本来ならツッコミを入れたいところですが、今週号は そこそこ 楽しませてもらえたので「ヨシ」とします。



今週登場したワインは。
● シャトー・ディケム

楽天のシステム変更により2017年より古い記事内の登場ワインリンクは表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode