コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

ハイレゾ

言うまでもなく、ハイレグではない。
PCオーディオの話。
(今回はダラダラと長文を、結論の無いまま、オチもないまま書きます)


ここの管理人は、PCオーディオもやるの?
って、それほど詳しいわけではない。(苦笑


ただ、ウォークマンと共に育った、世代である。
高校時代には、ウォークマンとコデッキどちらを買おうか迷ったと言えば、同世代の方は懐かしいのでは?
当然、ご時勢に流され、ウォークマンを買ったのは言うまでもない。(笑


以来、私はヘッドフォン派である。
理由は簡単。 大きな音が出せない環境が長かったせいと、安価に高級な音が味わえたから。

まずは、2台目黒ウォークマンに付けるヘッドフォンを探して…
ゼンハイザーのHD400、HD414Xというオープンエアの名機の虜にされ、電車の中でも愛用していた。
今、音漏れを考えると、周りのお方に極めて迷惑をお掛けしていただろう事に、恥じ入る思いで全く立つ瀬がない。

やがて、就職し残業に追われる日々の中、上階に○○組若頭の住まわれるワンルームマンション時代には、DENON DC-3300 + STAX SRD-X Pro + SR-Λ Pro で、寝ながら聞くと… 頭を1mmも動かす事が出来ないという環境を味わい。

当時、CDの音に失望していた事を、しみじみ思い出す。
小泉今日子のCDの音が最悪で、彼女は耳元で歌ってくれなかったのだ。
仕方なく、松田聖子で我慢した。(ごめんなさい
っていうか、その時点で、松田聖子の凄さを初めて理解した。 彼女のCDは音が良かった。
(最近当時のCDを聴き比べてみたら、当時思い込んでいたほどの差は無く、単に私の使っていたシステムとの相性の問題がそう思わせただけだったかも知れない事に気づいた)


ま、それからしばらくは、オーディオやヘッドフォンに強く心傾ける時間の無いままに時は流れ・・・

今年(2014)夏頃、本屋で長時間、時間を潰す事があった。
その時、何の気なしに手にしたのが、PCオーディオの雑誌。
それまでも、PC→ウォークマンでMP3を聞くという流れの音楽の聞き方はしていたのだが、A865 + Etymotic Research hf5 で、それなりに満足の行く領域だった。
事実、スマートフォンに下手なヘッドホンアップを付けるより、遥かに音はいい。
(Etymotic ResearchはER-4をAEDIOさんが輸入されて即購入した流れで、長期に渡り愛用のイヤホンだった)

そんな状況にありながらも、MP3をPCから直接聞く気にはならなかった。
何故って、PC(Windows)から出る音って、なにか頭上が狭い感じの音で、好きになれなかったから。
それに加え、私のバカ耳で区別が付くのは192kbpsまで。(笑
坂本龍一先生などは、320kbpsじゃないと気持ち悪いと宣ていらっしゃるのだが、私には192kbps以上は全く区別がつかないっていうレベルなのだ。(汗

それがどうやら、ハイレゾというCD音源を上回るらしいモノや、Windowsの音を良くする【何か】接続方法もあるらしい。(苦笑

で、当然 興味津々。 マイペースで機器を徐々に購入して、やってみたわけだ。(笑
ネットでのリサーチと、視聴を繰り返し、出来る限り安価なシステムを… とたどり着いたのが

(1)PC(Celeron G1610 2.60GHz)[4万円] → (5)JRiver Media Center [0.5万円] → (4)フルテック GT2 [0.7万円] → (2)Olasonic NANO-D1 [3万円] → (3)beyerdynamic DT 990 PRO [1.5万円]
(N)は購入順序。


という、トータル10万円セット。(訳あり低価格商品アリ:苦笑)
まぁ、自己満足の領域の話だが、たぶん、20万円セットに匹敵する音は出している・・・ と思いたい。(笑
少なくとも、ド素人が家で聞く分に、コレ以上の音が不要なのは、ほぼ間違いない。


(1)は私の耳で判別出来ないがPCオーディオには、CPUのコアが少ない方が良いという説を信用。
(2)はLUXMAN DA-200と最後まで悩んだのだが、フルートの息づかいのリアルさで決断。 WASAPIではなくASIO接続出来るのも決め手のひとつ。 本当はサイズが一番の決定打だったかもしれない(爆
(3)はオープンエアで、低音の豊かさ(コントラバスの鳴りの明瞭さ)と、刺さらない限界の高音の両立で決定。
(4)は安価な製品から聞いて行って、音の違いがハッキリ区別出来た最安価製品。 でありながら、より高価な製品には価格差ほど魅力を感じなかった。 何より使用している他製品との価格バランスを重視で選択。
(5)は(3)で私が少々不満だった中音域、特に女性ボーカルを艶々のリアルにしてくれた。 これだけは、自分の環境で選んでいるので、間違いない。(笑

残念ながら(1)〜(4)の購入は、自分の持つ機器と同じ環境での試聴は不可能なため、個々の選択は、ほぼ「勘」でしかない。 購入後、自分の環境で使用してみて、アタリだったかどうか、初めて(ぼんやり)解るという、イマイチ納得が行かない買い物を強いられる理不尽な世界なのだ。



で、話題は冒頭に戻り、ハイレゾ。
そんなにスゴイのか?

最近ではスマートフォンでもハイレゾ対応だ。
で、こちらも早速聞いてみた(タイミングよくXperia Z3 に機種変更)・・・
うん、大したこと無い。(爆
所詮、スマートフォンである。
ハイレゾを強調するようなモードも付いているが、私の耳には馴染まず、美しいドンシャリって感じ。
定位も、音域も、空間の広さも、この程度なら、A865で充分太刀打ち出来る。


しかし、(1)〜(5)の組み合わせだと、そんな訳には行かない。
昔使っていた、DENON DC-3300 + STAX SRD-X Pro + SR-Λ Pro (たぶん当時 30万円くらい) 辺りでも全く比較にならないリアルさがある。

192kbpsと320kbpsの区別がつかない私のバカ耳でも、あきらかにハイレゾは違う。
1年使ったタオルと新品のタオルほど、その2つは違う。
中年の肌と、赤ちゃんの肌ほどの差。



宇多田ヒカルのリマスター Singles Collection ハイレゾ版が出たので、早速 mora でダウンロード。
すげ〜・・・
宇多田ヒカルはCDでも相当音が良いと思っていたのだけど、さらにベール一枚取っ払われた感じ。
昔聞いて喜んでいた、松田聖子のCDの比ではない。

松たか子の Let It Go もハイレゾで聞くと、必死で声を絞り出すように歌う彼女の顔が見えるような気がする。
絶対、人前じゃ晒せない顔になっている。(笑

フルオーケストラを聞いても、ティンパニが他の楽器の低音に混ざってしまう事無く、キチンと最後列に位置して鳴っていて、そのホールの大きさまで感じられる(気がする)。



今まで喜んでスリスリしていた彼女の手は、実は中年女性の手だったと気付かされてしまうのが、ハイレゾだ。
同じスリスリする[だけ]なら、若い女性のほうがいいよね。(笑


と言うことで、今年の更新終了。
みなさん、お疲れ様でした。
 

楽天のシステム変更により 2017年以前の記事内 登場ワインリンク は表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
ハイレゾ音源ってフォーマットと言うよりマスタリングの問題が殆どのように思います。
て、音が良ければどうでもイイですよね。しかもこんな過去記事に(苦笑)

お邪魔しました。
  • 少年
  • 2017/05/20 12:31 AM
ずいぶん、古い記事へのコメントで…(笑
いやいや、ありがとうございます。

記事を書いてからしばらくは、ハイレゾ音源を購入しまくったのですが…
最近は、CD音源をJRMCでリサンプリングして聞いています。
ご指摘の通り、フォーマットよりマスタリングだと、私も気づきまして(笑

CDでも音源の良いものは、自前のリサンプリングで充分楽しめるんですね。
CD音源では幾重ものカーテンの向こう側でボーカルが鳴っていて、非常に平面的なモノが多いのですが、リサンプリング掛けて自前ハイレゾ化でも、ボーカルの後ろに手が回るまでは行かないにしろ、立体感は確実に増します。

そして、現在売られている、ハイレゾ音源もそんなレベルが大半ですね。(苦笑
25K以上の周波数は、ダラ〜っと伸びているだけ。(どのみち聞こえやしないのだけど)
リマスタリングまで徹底したハイレゾは感動ものの音もありますけど。

ってな感じで、最近はCD音源をflacで残し、JRMCで192Hz/64bitへサンプルレートをアップするのが定番です。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/05/21 9:40 PM
や、何の得にもならないようなコメントに丁寧な返事ありがとうございます。

リサンプリングでそこまで効果が感じられるのでしたら、CDの再生環境が相当ハンデ有るのかなと…まぁこれも当たり前の話ですが(^^;)

個人的には保存目的のアップサンプリングは比定派です。

昨今のヘッドフォン(ポータブルアンプ)ブームのおかげでDACも正常進化してて私のような純オーディオ趣味な人間にも恩恵が出てきてます。

去年くらいにMojoというポータブルアンプジャンルの商品を購入しましたが、DACとして非常にお勧めです。(ヘッドフォンユーザーにはあまり評価されていないようです)
管理人さんレベルの耳の持ち主でしたら恩恵は大きいなと思います。

松田聖子は録音も良かったですが歌唱もものすごい進歩でしたよねー。私は完全にオンタイムというわけではありませんが当時のサンミュージックの力の入れようが伺えます。
  • 少年
  • 2017/05/23 3:06 PM

CD再生は、そのまんまWindowsの環境でしたので…(汗
ほんと、高音域にリミッターが掛ったような音で、PCでは聞く気にもならなかったため、CDからMP3へ変換したデータをウォークマンで聞いていたのです。

今は、CDもJRMC(JRiver Media Center)を通して、ASIO出力で聞けますので、だいぶ良い環境になっているとは思いますが、いちいちCDを入れ替えるのが面倒なので、flacデータ化したものをNASサーバに置いてます。

あと、CD音源の保存時には、アップサンプリングは掛けません。
これは、未来的に、もっと優れた規格もしくはハードが現れた際に、中途半端に音源が加工されてしまっていては… という老婆心からです。

アップサンプリングは、聴取時にリアルタイムでJRMC、もしくは Olasonic NANO-D1 にて行うようにしています。

ポタアンも一時期欲しかったのですけど…
モバイルで音楽を聞く機会が激減してしまったので、購入のタイミングを逸してしまいました。
別に、ポタアンを据え置きで使っても良いんですけどね。(笑

松田聖子の時にも感じたのですけど、事務所なりの音楽への姿勢が出ますよね。
そういう意味で、近年非常に残念なのは、柴咲コウ。
彼女は、質の良いボーカリストだと思うのですが、音楽方面への力の配分が…(苦笑
もったいないです。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2017/05/23 10:27 PM
音楽って意味ではメジャーどころの新人(というか中堅くらいまで)の方々は物凄く割を食ってるなと感じます。
柴咲コウですか?当時あまり興味が無かったので、てっきり本人にあまりやる気が無いのかと思ってました(汗
声も歌唱も良いものを持ってるだけに残念だな、と。


Mojoは据え置きオンリーで使用してますが10年前の100万円級のDACに勝るとも劣らないと思いますね。使い古された表現ですが「ここまで情報が入ってたのか」という感想です。
機会があれば是非(しつこい)

部品の精度は年々良くなっていますから、きっと今後も良くなっていくのでしょうね。トランジスタ以外は。
  • 少年
  • 2017/05/24 7:42 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode