コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

今週の「怪盗ルヴァン」 mission 6「怪盗たちの乾杯」


ルヴァンのメンバーは宇宙ワインの奪取に成功、依頼人と6人でそれを味わう。

 

メイントリックは3Dプリンタ。


この作者って、ホントに「金田一少年」書いてたのですか?
って言うか、ミステリーに関わる人なんですか?
あ、いや、この人、プロの方ですか???


仕事の質もそうだが、仕事に対する姿勢も 完全にお子様レベル。

これを堂々と載せる、担当、出版社も情けない。
作者との間に、何か負い目になるような出来事でもあったのか?
それとも単なる慣れ合いか癒着?



そして、何よりも重要なのは、読者で、これを面白いと感じる人がいるのか?



「神の雫」には、ワインを心象風景で語るという偉業があった。
最終的にはそれに溺れた感は否めないが、それでも、功績は多大だと私は思う。
しかし、「怪盗ルヴァン」は・・・
ミステリーとして3流以下の劣悪であることに留まらず、ワイン紹介も自分が飲んだ高級ワインを自己満足の行くように並べるだけ。
私には、作者は単に恥を晒しているだけにしか見えないのだ。



スマホカメラのレベルで3Dデータを作成することは可能だ。
だが、それはお遊び、趣味レベルでのお話。
スマホの無料アプリで作ったCG画像を、フォトショ職人の作品と戦わせるくらいの無謀さがそこにはある。
リアルさという点で、万人を騙せるモノでは無い。

そして、何より現在の3Dプリンタの出力速度がボトルネックとなり、このトリックは絶対に成立しない。

近未来のお話かもしれないって?
ワインのビンテージを出している以上、その言い訳は苦しすぎる。



マスター・オーブリオン : 司令塔、3Dプリンターの操作
ラフィット君 : イリュージョニスト
マルゴー嬢 : お色気
ムートン君 : 変装
ラトゥール君 : パン屋(実質盗み担当)


ラフィット君が手品見せてる間に、パン屋に扮したラトゥール君が「コスモワイン」を檻ごと、マスター・オーブリオンの作った3D作品とすり替え。
鳴った警報は、マルゴー嬢がお色気で眠らせたラフマンとすり替わったムートン君がカバーする。
その隙に全員逃げる。

今回のお話の役割だ。
本当に必要だったのは、誰?


今回の「ご都合トリック」が成立する様なヌルさならば…

あっさり、会場の電気消して、ターゲットを奪取。
電気が消えている間に去ってしまう。

これだけで、ほとんど同じ仕事になる。
3Dプリンタ不要、イリュージョン不要、お色気不要、変装不要、パン屋不要。(爆
マスター・オーブリオン独りで充分出来る。

そう、そもそも、チームでの盗みは、それぞれ卓越した技能を駆使した連携プレイに面白みがあるのに、そういう見せ場が存在していない時点で、この企画はダメダメだ。



依頼者が一人の場合で、ワインボトルから6杯取り…
5大シャトーに合わせて、ルヴァンのメンバーを5人にしたのは良いが、やはりちょっと人数が多すぎるな。(笑



余談:
Dモーニング(デジタル配信版モーニング)で私は「怪盗ルヴァン」を読んでいる。
紙版を買うより安いし、木曜の午前0時には配信されるので、とても便利で助かる。(笑

連載作品の中で、色々な面で古臭さはあるものの、復刻フルカラー版の「寄生獣」が一番面白い。(爆

で、「寄生獣」映画の第一部が今週末公開されるのに合わせて、朝の情報番組 ZIP の中でスピンオフ・ショートムービーが放送されている。
私は偶然2・3回見ただけなのだが、新一(染谷将太)とミギー(声:阿部サダヲ)が「人間の常識」をネタにする軽いノリのお話で、それはそれとして面白い。 ただ、これを見て、本編に対して大きな不安を感じるのは私だけだろうか。

原作では新一とミギーの間には、運命的に超えられない壁が存在し、その壁こそが終盤の戦いからラストシーンを感動的にする最大かつ不可欠な要素なのだが、TVで観る限り2人(?)の間にはすでに「友情」が存在し、その上での掛け合いを感じてしまう。 本来この2人の会話が、シュールで笑えるのは、ミギーが確信的にトコトン冷酷であるから面白いのだ。

阿部サダヲが声優をやると聞いた時には、彼の声での冷酷無慈悲なミギーの台詞は、非常にアンバランスで良いかもしれないと思ったのだが、ミギーが冷酷で無かったら、阿部サダヲの声は活きてこない。
それどころか、原作の持つ最大の魅力がスポイルされてしまうことにもなりかねない。
最大級に期待している作品だけに、私の老婆心がハズレてくれればと願う。



今週登場したワインは。
● シャトー・ランシュ・バージュ  

楽天のシステム変更により 2017年以前の記事内 登場ワインリンク は表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
肩肘を張って見てはいけませんね。
オキモト画伯を堪能するのみ。
(………)
  • 通りががり
  • 2014/11/29 9:15 PM
失礼しました!
今回は少々エキサイトしてしまいました。(汗

次回からは、もう少し抑え気味に行きます。


プラス余談:
先日、オキモト女史が東野圭吾の小説を漫画化していることを知りまして…
早速、沖本秀子で検索、リストアップされた「コミック東野圭吾ミステリー傑作選」「浪速少年探偵団」の2冊を[楽天]で購入しました。
ところが、「コミック東野圭吾ミステリー傑作選」には「浪速少年探偵団」に収録されているお話5話+未収録3話+他2人の作画によるお話が収録されていた次第で…
よく見て買わないと、こう言う事になるんですね… 深く反省。


皆さん、購入される場合は「コミック東野圭吾ミステリー傑作選」のみで大丈夫ですから。(笑


その内容に関しては、また改めてご報告を…
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2014/11/29 10:33 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode