コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

今週の「神の雫」 #438 「啓示」

 
神咲邸に立ち寄った雫は、豊多香の著書「ワイン評論」の第12巻にのみ”あとがき”があることに気づく。

 

第十二の使徒編 第44話


順当に次号最終回に向けてお話は収束していきます。


残り少ない回数を使って、目的の場所へ話を進めるわけですから。
今までの、ほとんど成り行きしか無かった進行と比べれば、明らかに作者の意図が感じられ、内容は充実しています。



ただ、今回のお話を読んであらためて思った事がひとつ。


やっぱり、この作者。
ど〜でも良い、細かいことを気にし過ぎる傾向が強いです。
自分のコミュニケーション能力に自信が無いのか、自らが語ることが好きなのか、とにかく語り過ぎです。


秋絵の送ったディケム'76に関して、藤枝に滔々と自分の思いを語らせ、第十二の使徒編のやり残しをキチンと収めている様に見えますが・・・


これ、無駄ですね。(爆
語りすぎて、感動もヘッタクレも無いです。


私なら、
「愛おしげにディケム'76をセラーへ収めようとする藤枝」
「セラーの中にある、もう一本のディケム'76」
「藤枝の頬を伝う一筋の涙」
この3コマで終わらせます。



早くも・・・ですが、「神の雫」を振り返ってみても同じことが言えると思います。
本物のワイン、それも良いワインと評されるものには、素晴らしい「余韻」が付き物ですが、「神の雫」の物語に「余韻」は微塵も無い。


あるのは、場当たりでかます「ハッタリ」の極めて短い「余韻」のみ。(笑


「心象風景」というものでワインを語るのは良いのですが、ダラダラと饒舌な自己主張の塊である「心象風景」で埋め尽くされたお話に、読者が介在する余地はありません。
そう、まるでワインオタクが、素人のカモを見つけ、延々と自らの知識をひけらかすあの場面のように。
ワインの敷居が高いと感じさせる、最悪のシーンを具現化したのが、この「神の雫」だったのではないか・・・ そう思えます。


「作風」・・・いや、作者自信が「ワイン」を語るには、あまりに未熟だったと。



そして、作者が今出来る最大の余韻の残し方。
それは、「神の雫編」を描かない事でしょう。



次号は6月12日発売「最終回」です。



今週登場したワインは。

楽天のシステム変更により2017年より古い記事内の登場ワインリンクは表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
@ ワイン・レッド・ネッド さん >

> やっぱり、この作者。
> ど〜でも良い、細かいことを気にし過ぎる傾向が強いです。
> ・・・・とにかく語り過ぎです。

 確かに、くどい、野暮ったい、燻臭いです。 二重強調によるくちベタな自己弁護に思えます。 それは、1990年代ボルドーのやたら鼻と舌にまとわりつく、田舎臭 ( 堆肥や肥料の垢抜けしていない ) たっぷりの高級ぶった赤ワインを思い出しました。 余韻にザラついたタンニン と 熟成にほど遠い青く未熟な完成度の低い超有名赤ワインをフォローするためになんとかこじつけて取りつくろうとする ソムリエやワインアドバイザーの言い訳コメントを思い出しました。

> 「作風」・・・いや、作者自信が「ワイン」を語るには、あまりに未熟だったと。

 振り返って、思い出してみても、 『 名セリフ 』 、 『 名場面 』 が、自分にはハッキリと思い出せません。 そう言えば、主人公 や 登場人物と共に 共感し、何度も読み返したり、涙するようなエピソードが、正直 “ 無かった ” と言うのが本音です。 そこに ワインを登場させたが故に、かえって 白けてしまった、という感じです。 

 やっぱり、ワインと言うものは、その性質上、ワインオタクの知識をひけらかすだけで終わる、極一部のワインマニアだけに許された特権を持つお酒なのでしょうかね?
  • Joda
  • 2014/06/06 2:44 PM
Jodaさん>

そう、自己弁護なんです、この作者の場合、全てが。
私の目から見ると、常に茶番を見せられているようで、非常にかっこ悪い。

名場面、記憶に無いですね。(爆
この手の漫画ですと、解釈が割れて、沢山のネタバレサイトが立つのが当たり前なのですが、それすら無い。
何故かと言えば、解釈のしようが無いからと踏んでいます。

DNAの濃い、姉弟の間だけで通じるラブコールですから。
他人の介在する余地が無い。

まぁ、最近の流行は全てそうなのかもしれませんが。
ドラマも全て懇切丁寧に、サゲの台詞まで解説しないとダメという風潮ですし。
(今季ちょっと風変わりなドラマも現れて、少々面白いですけど:笑)
JPOPも独自の解釈が出来ないほどにストレートな単語の羅列ばかり。

これじゃ、日本語があまりにも可愛そう。



男女共作の原作で、「神の…」というところで思い出したのが…
「ヒカルの碁」
(絵の上手さも共通項ですね)

個人的には一押しの名作です。(笑
少年漫画という表現に縛りがある中で、「神の雫」などとは比較にならない世界観、伏線、人間描写で魅せてくれました。

その中で、私が忘れられない名場面があります。
物語終盤あたりで、塔矢行洋が独り碁盤に向かい、黒石を一手打ち、誰もいない上座の白番を待っている姿。
これ、ページを開いて見た瞬間に、泣けました。

物語の全てを象徴しているシーンでもあり、塔矢行洋という人となりまで1コマで表現している、見事な場面でした。

そう言うシーンが「神の雫」には、全く存在しなかった。



思い出せるのは、ドン・ペリを「ドン」と注ぐシーンくらい。




閑話休題。
ワインは面白い酒だと思います。
特別扱いしたくなる気持ちもよく解りますし、事実それだけの「価値がある何か」を持っているのでしょう。
ただ、残念なことに、純粋にワインが好きというより、ワインという雰囲気に酔っている方、ワインを飲んでいる自分に酔っている方があまりにも多すぎる。

ワインは特別に勘違いされやすいお酒であると。
そんな、気がします。



長文失礼しました。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2014/06/06 8:12 PM
藤枝がロマネコンティを持ってきたのは、キャラとしてミスマッチですし、こんな後生大事にすべきワインを大勢への振る舞い酒にしてしまうのもよくわかりません。妻が体調が悪いことを知っているのにお酒を飲ませる感覚もよくわかりません。ワインを飲まずとも、店を閉め二人の時間を作るとか、なんとかあるかと思います。無理にとりあえずワインを出さないと・・・という雰囲気が浅はかに思われます。

また、死にゆく内縁の妻が託した自分を思い出すためのワインですが、デュケム76でよかったのかよくわかりません。自分がその内縁の妻なら「こんなワイン選ばれたって、藤枝はお金がないのよ!二度と購入できるわけないじゃない。もっと安くて、レアじゃないワインにして!」と言います。ああ、妻の遺産が転がり込むから買えるという設定なのでしょうか。

雫が隅っこで落ち込んでいるときに、藤枝が励ますために自分の婚約を伝えますが、それでコロッと元気になっていました。これまで主人公は常にその場その場の雰囲気で生きており、結局最後まで変わりませんでした。そうして会社をやめる・・・。

主人公の一年間の活動を自分なりに簡潔にまとめると次のようです。
『主人公は親の七光りと社費を駆使してワインを多数飲み、最大限休みを消化しかつ私用も出張に認めてもらいながら「ワインを極めたいんだ!」と会社を辞めました。』
となります。


そして、セーラまでも参入・・・


管理人さんのコメントが楽しくて、つられて読んできましたが、読み込めば読み込むほど、もやもやしていく感じがたまらないですね!
あと一回、楽しみにしています。
  • g
  • 2014/06/10 1:26 AM
@ ワインレッド・ネット さん >

 「 ヒカルの碁 」 ですか〜、ユーチューブで そのアニメの名場面を、何度も見ました。 やはりそれは、「 行洋 対 サイ 」 , 「 サイ 対 アキラ 」 , 「 ヒカル ( サイ ) 対 行洋 」 でした。 おかげで、囲碁ソフト 『 彩 』 を先番の最高レベルにして、夜が明けるまで対戦したことも、一度や二度ではありませんでした。 今でも、時々、北斗杯を含めた名場面を、アニメ動画で見返すほどです。 見たあとなぜか、モチヴェーションが、高くなるんですよね〜。 「 神の一手 」 に近づく、「 一生勉強なんだ 」 。

 そう言えば、 「 魔法化高校の劣等生 」 も面白いですよ。 脚本構成もしっかりしています。 「 覚えておこう。 」 も、いいセリフです。


 g さん >

 再度申し上げますが、・・・・ ロマネコンティは、原作者にとっての 『 神の雫 』 だと 思います・・・。

> ・・・・ デュケム76でよかったのかよくわかりません。

 イケム1976 と言うのは、原作者が知っているワインのつじつま合わせでしょう。 “ 永遠 ”の “ 輪舞 ( ロンド ) ” と言う命題で、今回の話の流れに調度合う他に思い浮かぶワインを知らなかっただけでしょう。 

  • Joda
  • 2014/06/10 3:45 PM
gさん>

なぜ、このワインがこの場面で登場するか…
多くの方が言われるとおり、「作者が飲んだ事を自慢したいから」です。
それ以外に論理的帰結を見ることは難しいと思いますよ。(笑

まず、自慢したいワインありきで、ストーリーは後付です。
後は、作者の言いたい事を、どのキャラに言わせるか…
そして、どのキャラがそれを褒め称えるか…

そのキャラのイメージ(持ち味)なんて、二の次。
作者の言いたい事を、交代で言わされているだけ。
だから、回を重ねる毎に、個性的な登場をしたキャラもどんどん均一化していくのです。

そう考えると、「神の雫」はとても解かりやすいと思いませんか?(笑
10年掛かって、私はようやくそこにたどり着きました。(爆


あと1回、お付き合いください!



Jodaさん>

「 ヒカルの碁 」 意見が合いましたか。(笑
あちらは、神の一手に近づくために1000年の時を掛け、一生懸命努力して成長して行く姿を上手い演出と、人物設定で見せてくれたのに。
こちらは、神の雫をたった一代でのし上がった評論家が選んでしまって、全く成長しない登場人物が放つハッタリを、周りが絶賛する事の繰り返し…。
「神の雫」を全編通して読んで、モチベーションが上がるのは、作者姉弟だけでしょうね。


「 魔法化高校の劣等生 」ですね。
私は、漫画、アニメには疎く、全くの初耳で… 申し訳ないです。
ちょっと、時間を作って探してみます。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2014/06/10 7:27 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode