コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

今週の「神の雫」 #432 「偉大なる混沌」

 
雫の心象描写が始まるが、みやびの印象では豊多香描写とはかけ離れたものだった。

 

第十二の使徒編 第39話



遠峰先行で、雫の番。

雫の見た心象風景は… まぁ、ど〜でも良いとして。(爆
彼の出した結論、第十二の使徒は「魂の継承」。

まぁ、これも、ハッキリ言って、ど〜でもいい話です。
作者さえ、ご満悦に浸ることが出来れば、それが目的のお話ですので。



このお話を持って、何を語れば良いのやら…(苦笑



綺麗な絵で、大袈裟に登場人物が振舞っていますが、中身は「全く」といえる程 ありません。
豊多香の記述公開の直後に、「そして一週間が過ぎた…」とト書きが入って、決戦の場を描き始めても、何の支障もないでしょう。(苦笑
ちょっとだけ、決戦の場でそのワインに至ったプロセスを思い出せば、それで充分です。

39週間も掛けて、この内容って…(泣



で、雫が選んだのは、遠峰と1年違いの「シャトー・ディケム 1976」。
途中同じように、「ボルドーの赤」に浮気して、最後も同じように、全くの偶然に第三者が提示したワインを、突然、「これだ!」で使徒候補に選ぶという、二重に話を展開する意義を感じない展開。
明らかに、ストーリーテラーとしての作者の才能の無さを露呈しているだけのお話でした。



そういえば、この使徒編、読者クイズになっていましたよね。
このまま、ディケムが使徒だったとして、貴腐ワインの最大の特徴をすべて隠蔽した記述でのクイズって…
みなさん アリ と思いますか?

私は、無意味だったと思います。
クイズなんてものは、正解を聞かされれば、だれしも「なるほど」と思えなければ、楽しみとして成立しないモノなのに、今回正解を聞いても、「?」が浮かぶばかり。



「神の雫」という漫画自体も「?」という存在に成り果てたようですので、こんなものなのかと諦めるしかないのでしょうか。



第十二の使徒、今回までのまとめ。

雫側
シャトー・ディケム 1976

遠峰側
シャトー・ディケム 1975



次号は4月24日発売合併号です。



今週登場したワインは。

楽天のシステム変更により2017年より古い記事内の登場ワインリンクは表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
クイズにつきましては、募集時の欄外(?)コメントで
「結構、当たるかも」
の様な記載があった様に記憶しております。

確かに(自分は未飲ですが、自分でも名前は知っている)超メジャーワインですからね。

……実は、久々に二人共に間違いだったらどうなるんですかね。
(第三使途時と違い、外野に強力な方々がいらっしゃるので。)
  • 通りがかり
  • 2014/04/17 12:30 PM
やはり、細差のヴィンテージ違いでしたか ・・・・ 。

@ワインレッド・ネットさん >

> ディケムが使徒だったとして、貴腐ワインの最大の特徴をすべて隠蔽した記述でのクイズって … みなさん アリ と思いますか?

 第三者にわかりやすい特徴的な表現を使用していないのですから ─ モーニングにクレームの嵐、批判殺到 ─ それでも、表現方法の自由で、なんでもありとか ・・・・ 。

 確かに、デザート・ワインや貴腐ワインなら、少なくとも、 ─ { 蜂蜜、トロピカル・フルーツ、果物のコンポート、クレーム・ブリュレ、燻煙、オレンジ・マーマレード、甘い、甘美な味わい、金色、贅沢、 }などの特徴的なキーワードを使用すべきでしょうね。 Ch.ディケム、やはり、パーカーポイントの影響でしょうか?

 シャトー・ディケム [1975]
 パーカーポイント 99点→100点

 シャトー・ディケム [1976]
 パーカーポイント 96点→100点

 パーカー氏自身も、採点上方修正変更です。

> クイズなんてものは、正解を聞かされれば、だれしも「なるほど」と思えなければ、楽しみとして成立しないモノなのに、今回正解を聞いても、「?」が浮かぶばかり。

 「?」ですね〜、1%の期待で、大どんでん返し、あるかも?

 クリス君とローランさんの参加が、ここで急浮上するのでしょうか? 次週につづく、 ・・・・ 。
  • Joda
  • 2014/04/17 4:10 PM
通りがかりさん>

欄外のコメント、そんな雰囲気の文章があったことは私も記憶しています。(笑
さらに、何というか、ワインのエキスパートなら当てられる… みたいなニュアンスの言葉もあったような…
ただ、該当する本はすでに処分してしまっていて、定かではありません。

どちらが正解でも、二人共間違いでも、対局への影響はほとんど無いと思われます。
クリスとローランの参戦、もしくは今までの戦績は関係なしという、初期設定の変更をするための言い訳は、先週、先々週で済んでいます。(笑

クリスとローランは、神の雫では数少ない伏線ですので、最後で回収しておかないと…(笑
あと、雫母、遠峰母の関係くらいしか、持ち駒ありませんからね。


普通のお話ならば、半ばくらいで母の関係が明るみに出て、両者ショックを受けるが、それからの戦いの中で、それを乗り越える成長を果たした二人が「神の雫戦」で結論を見出す… って運びになるのでしょう。

ところが作者は、人間は描けない… ストーリー全体を見渡す能力が無い… 人の様で、両母問題(詰まるところ雫と遠峰の血縁問題)は、「神の雫戦」で結論だけポンと投げ出してくる気がしています。



Jodaさん>

結局、Jodaさんの言われたとおり、パーカーポイントが絶対尺度の様で…(苦笑
PP100点ワインを使徒に選ぶようでは、「神の雫」の存在価値は無いに等しいかと…。

今週号のライオンが描かれているカットを見て、ワインを俯瞰した雰囲気は理解できたような気がしました。 ただし、貴腐ワインの特徴は全てカットされていますよね。

まるで、「登場人物」や「特徴的小道具」を取り去った背景、それも「最も一般的な町並み」を「絵」に描いて見せられ、この絵はある映画の「最も重要な場面」ですが、それは何という映画でしょう!? って感じのクイズですね。

当てられる人はいるでしょうけど、当てた人からも文句が出そうなクイズです。


クリス、ローランの参戦は、確定と見ています。
「神の雫戦」で参戦させるか、今回は雫に勝たせて、オールイーブンとした上。
「神の雫戦」の参加権を賭けた「予選」をやるかもしれませんね。
そうすれば、作者はまた高級ブランドのワインが経費で飲めますから。
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2014/04/18 5:33 PM
すいません。

各話を通しで読んではいないのが、あからさま過ぎましたね。


この作品における
使徒ワイン
って何でしたか……

長期連載ですから、忘れてしまっていても、問題ない(寧ろ、それが当たり前)……なんでしょうね。多分。
  • 通りがかり
  • 2014/04/18 9:08 PM
通りがかりさん>

使徒一覧はこちらをご覧ください。
http://wine-red.net/wl_shizuku/index_kami.html

すでに作者が紹介するまでもなく、世間的に認められた(すでに値段が投機的に高騰しきっている、とてもコスパの悪い)ワインの代表格の羅列ですね。(汗
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2014/04/18 10:09 PM
わざわざ、ありがとうございます。

元々は「不完全な点があっても、補って余りある魅力に溢れている」的な講釈が合ったような……



それが
100点ワイン
なのは、偶然・たまたま・意図せずそうなった……
あり得ませんな。
  • 通りがかり
  • 2014/04/18 10:43 PM
> ディケムが使徒だったとして、貴腐ワインの最大の特徴をすべて隠蔽した記述でのクイズって … みなさん アリ と思いますか?

これが、ディケムではない証左と思います。

豊多香が人生の最後に飲んだ
HenriJayer Richebourg1959
に関連したワインでいかがですか。

クリスとローランがそれぞれ持参したHenriJayerを前に、雫は


「ああ、親父はあの時、つまり・・・、生涯における出会い、別れ、喜び、悲しみ、それらをすべて受け入れていたのか・・」

などと常人には解釈不能なコメントを残すのではないでしょうか。そんな気がします。
  • g
  • 2014/04/19 11:17 PM
gさん>

その展開… とても面白いと思います。(賛
第十二の使徒、決戦場面の掲載時期を予測して、連載開始時に伏線が仕込んであったのなら、多少作者を見直すのですが…


クリスとローランが正解ワインを持ってきているって言うのは、ありそうな話です。
二人は正解を導き出していないと、参戦の意義がありませんから。

あと、常人には解釈不能なコメントは、間違いなく残します。(爆


リシュブールに関しては、第十二の使徒の記述とは合致しないような気がします。
50年以上前のリシュブールなんて飲んだことがありませんし、
まして、ジャイエのブランドでは… お目に掛かることすら不可能ですので、
あくまでも、想像の域をでないと言うレベルのお話ですが。(苦笑
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2014/04/21 9:22 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode