コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

今月の「ソムリエール」 le vin#128 「宿命」-後編-

 
カナがジョン・スミス宛てに送り続けた手紙を読み上げ、自らが真のジョン・スミスであることを示すアルベルト。
そして、カナに与えられた屈辱を憎しみに変えろと言うが、それに対してカナが取った行動は…。


「ソムリエール」第百二十八話。フランス編 第十一話。

 

いよいよ、大詰め。
今回が物語の最大の山場だったことは、間違いありません。


おそらく次号が最終回ですね。


ソムリエの時も思ったのですが、エンディングへのアプローチが短すぎるのが、とても残念です。
これは、色々事情があるのでしょうけど…。

 

カナと片瀬との時間をもう少し丁寧に描いて欲しかったですね。
折角のフランス編が、たったの十一話で終わりとは…。
「エスポワール編」「V.B.編」と同等に、五十話はやって欲しかった。

 

多くの謎は、そのまま残される事になりました。
まぁ、それも良いではないか… と思わせる、カナの存在。
アルベルトの持っていた長年の憎しみまでも一瞬で溶かしてしまいました。

カナがそこまで成長していたとは思いませんでしたが、確かに解決の糸口はこれしか無いと思わせる威力がありました。

 

そして、次号、お話しは、3年後へ飛ぶようです。
まさか、アルベルトも笑顔でカナたちと共に葡萄畑にいる… なんて事にはならないでしょうが…


納まった理想型を、どんな切り口で見せてくれるのか、とても楽しみです。

 

コラムは【葡萄畑の四季】
我が家の葡萄(ワイン用ではありませんが)は、このタイミングより1ヶ月以上早いですね。

 

次号は10月24日(水)下のURLで配信です。
http://grandjump.shueisha.co.jp/

 

今回登場ワインは。
■ カベルネ・ソーヴィニヨン・リザーヴ・ナパヴァレー ロバート・モンダヴィ

楽天のシステム変更により2017年より古い記事内の登場ワインリンクは表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
今回から何かシステムが代わったのか、携帯の小さい画面ながら見ることが出来た絵が全く見れなくなりました。コラム「ワインの自由」は今まで通り見れるのですが…。

この大詰めの大事な時に(小さくて)セリフが読めんどころか、絵も全く見れないとは…。

そこで禁断の(?)フルブラウザに手を出しました。 「おー!」セリフも読める大きさ…、しかし携帯の悲しさでページの中央しか見れない。両端が切れてます(苦笑)。

 初めは料金が気になるので2、3ページだけのつもりが、怒涛の盛り上がり展開。(まぁ次で最終回だろうし…)と、結局全部見てしまいました(笑)。

しかし読み終わってしまうと、展開は確かに性急かもですね。 20年30年かけたアルベルトのプロジェクト、そして憎しみがレストラン席での数十分で崩れ去るとは…。

>おそらく次号が最終回ですね。

あれ?。てっきり、切れた両端部分に「次回、いよいよ最終回!」的な予告文があったのだろうと思っていました。
 でもやはり最終回でしょうね。
以前書きましたが、今後発売の第21巻を考えると、次回話でちょうどいつもの6話収録に収まります。 (たまに5話、7話収録の巻はある)

さてラストシーンは葡萄畑でしょうか?。(連載スタートは孤児院の葡萄畑のシーン)、それとも復活openのエスポワールかV.B.でしょうか?。(今作品のタイトルは「ソムリエール」)

長文乱文失礼しました。
  • 武庫川の小石
  • 2012/10/18 5:05 PM
フルブラウザを嫌っていらっしゃると言う事は、パケット代が固定料金契約では無いのですね。(笑


ご指摘どおり、今回から画像を表示するプログラムを刷新したようです。
最初に表示される相関図のところで、ページ左下が、ペロペロとめくれそうな動作を繰り返していたので気付きました。

いままでも、何度もプログラムは更新されていたのですが、今回の更新は大きかったのでしょうね。 Adobe社のFlashで表示されているのは変わりないのですが、使用Flash Playerのバージョンが上がったのかも知れません。



エスポワールやV.B.で終わっては、ソムリエのエンディングと同じですからね。(苦笑
やはり父の遺志を継いで、葡萄畑でワイン造りに励むカナという線が濃厚かと思ったのですが、散り散りになったエスポワールのスタッフや、V.B.のメンバーも一緒に… なんてのは、ありきたり過ぎますね。



で、最終回宣言は、どこにもありませんでした。
ですから、「番外編」とか、「ソムリエール2」なんてパターンも期待しているのですが。(苦笑
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2012/10/19 11:21 AM
瞬のソムリエ
の様になるんですかね。

多分、初子に洗礼を教会で行うですよ。(ワインは同じで)

何故、ジョンスミス氏を二人こさえたんでしょうか。

何故、……



正直、ソムリエシリーズのラストはグダグダだというジンクス通りでは。
  • 通りがかり
  • 2012/10/19 5:57 PM
う〜ん。
洗礼の謎は一切解けていないんですよね。
確かに、数多く残された謎の中で、一番明確に答えが欲しいのは、カナの洗礼の辺り。
それがキッカケで渡仏したのですからね。


3年あれば、片瀬と結婚という展開も不自然さは無いのですが…。
残念ながら、「瞬のワイン」は縁がなくて、未読なのです。
従いまして、洗礼の最終回は、キリスト教無縁の私にとって想定外です。(汗


教会のジョン・スミスさんは、単なる偶然のイタズラと考えるのが自然かと思われます。何故?は、沢山残りますが、全てを許してしまうカナの前では、私は何も言えません。(爆



ラストがグダグダになるのは、打ち切り+?武庫川の小石の言われる単行本の話数合わせ?(?は文字化けではありません)の影響でしょうね。
酒をメインで扱うドラマ(ストーリー)は、日本人にはウケ無い様です。



先日、近所で大流行の居酒屋で飲む機会があり、グラスワインを頼んだら、1週間前に開封した紙パックワインのような味。
コークハイを頼んだら、出来合いの業務用ハイボールに気の抜けたコーラが足してありました。
あぁ、普通に仲間で飲めればOKと言う方々は、これでも大丈夫なのかと…


私は店を変えて、ラフロイグコークを… それも邪道かも(爆
  • 管理人@ワインレッド・ネット
  • 2012/10/21 6:56 PM
はい、その通りでして、私の固定料金契約はフルブラウザは対象外なのです。 普段必要としないし、もう最終回だろうし、それも含む契約との差額も考えてそのままにしてます。

グダグダについてはBJ消滅等で隔週からWebでの月イチ連載になったのもあるでしょうか?。
そのぶん1話あたりのページ数は増えたものの、10話で1年近くかかるようでは、管理人さんが言われるようなフランス編に50話も費やせなくなってしまったのでしょうね。

重要な手掛かりを知る大司教の死は、連載延命の為かも?と以前書きましたが、実は逆だったかもしれません。

大司教から得た手掛かりを頼りに、カナがフランス各地を旅して謎へ近づいていく、それぞれ現地でのサイドストーリーも織り交ぜながら…という筈が、何らかの事情で余裕が無くなったのでカナが旅して回れないように手掛かりを無くす為、大司教に天に召されてもらった(苦笑)。

カナが自力で突き止める筈だった謎は、講義の教授の如く樹里、片瀬、アルベルトが話して聞かせる。 カナは聴講生のように教えられるだけ…に展開を変更したのかもと妄想したりします。

もう更新日はあさってに迫りました(笑)。どうなっているでしょうか?。
  • 武庫川の小石
  • 2012/10/22 5:47 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode