コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

今週の「ソムリエール」 le vin#122 「ジャンヌ・ダルクのワイン(前編)」

 
ボーヌに到着したカナとスミスは、商談に失敗し投身自殺を計ったイギリス人男性の相談に乗る。
商談失敗の原因は彼が取引先社長に送ったワインにあった。

 


「ソムリエール」第百二十二話。フランス編 第五話。

 

展開としては定番となりそうな・・・自殺未遂を救うパターン(苦笑
まぁ、手っ取り早くと言う意味と、「また 身投げ!?」と二人が叫ぶ、自他共に認めるワンパターンはギャグとしてもアリかもしれませんね。
カナとスミスの珍道中として・・・。

 

さて、ストーリーは・・・ これでもかと言わんばかりに様々な事実が描かれています。
アルベルトはしつこくカナをつけ回し。
スミスは、本当にジョン・スミスみたいで・・・。
カナの洗礼のワインボトルを片瀬に渡したのは、実はスミス。
スミスはカナの洗礼を行った教会の関係者で・・・。
カナに救いを求めている。

 

急展開していることは間違いないのですが・・・
実態が全く見えてこない。


疑問符の連発で、カナ自信の戸惑いや疑惑と共に、私たち読者も作者に翻弄されていますね。

 

それでいてストーリーは、一見無関係の事件をメインに追っていくのですね。
私としては、早く本題に・・・ と思う反面。
この微妙な緊張感も悪くないと・・・(苦笑

 

う〜ん、また続きは一ヶ月先かぁ。
隔週は割りとすぐ・・・ って感じなのですが、一ヶ月は、どうも、間抜けなスパンですね。

 

コラムは【オスピス・ド・ボーヌ】
ほんと、当たり外れが大きいですからね・・・やっぱり、熟成を行ったネゴシアンが重要と。 

 

次号は4月25日(水)下のURLで配信です。
http://grandjump.shueisha.co.jp/

 


今回登場ワインは。
■ ボーヌ・1er キュヴェ・ニコラ・ロラン オスピス・ド・ボーヌ
■ ヴーヴレイ・クロ・デュ・ブール・モワルー ドメーヌ・ユエ 

楽天のシステム変更により2017年より古い記事内の登場ワインリンクは表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
今回、なぜかイギリス人が登場。 で、ジャンヌ・ダルクの名が出て来て(あぁ、それでイギリス人の設定にしたのかぁ…。)と勝手に納得。 因縁の関係ですからね。 ただ携帯画面で見ており、字が小さく読めないので、今回の舞台はロワールだと勘違いしてました。  トラック側面に「〜〜オルレアン」とジャンヌ・ダルクにもゆかりの地名が文字にありましたし、再びヴーヴレイの話しも出てましたし…。 なのに何故オスピス・ド・ボーヌなのかな?、とは気になってましたが。       前々回、カナが過去の記憶を辿る途中で頭痛を訴えるような場面がありました。 何か記憶障害なのでしょうか?。  ならば特に父親との重大な記憶が抜けてそうな…。 確かに初めから月イチならともかく、隔週からの後退では間延び感ありますね。
  • 武庫川の小石
  • 2012/03/29 4:19 PM
前回の書き込みで、また恥ずかしい思いをした者です。

ジョン・スミス氏は何歳位の設定なのでしょうか。

ワインについては…、



すいませんがオスピス・ド・ボーヌは未飲です。
  • 通りがかり
  • 2012/03/29 10:06 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode