コミック 神の雫 ワインリスト ドラマ 神の雫 ワインリスト
コミック ソムリエール ワインリスト コミック ソムリエ ワインリスト
 
 

今週の「ソムリエール」 le vin#121 「パリスの審判(4)」

 
リズ、マイクの結婚を賭けた、米仏ワイン対決は熟成ワインでの勝負。
勝負に引き分けたリズの父親は、2人の結婚を許す。

 
「ソムリエール」第百二十一話。フランス編 第四話。

 

さら〜っと流れていく様なお話し。


新パリスの審判の途中で、リズの父親の選ぶワインに思惑有りと気付いたカナ。
それが何であったか、最後まで明確に語る事はなく終わります。


もちろん、答えをカナは口にしているのですけどね。(笑
リズの父親のワイン選びの思惑を見抜いた上で、彼からの問いかけ「時間はワインから何を奪うか」の答えを語るカナ。
リズから父親への愛情、父親からリズへの愛情、そして両者の思いを深入りし過ぎることなく抱擁するカナ。

カッコイイお話しの作り方です。


もしかしたら、カナという存在は、ワインと料理のマリアージュとか、ワインと人間との関係とかそんな関わり合い全てを包括するようなモノのメタファーなのではないか・・・

う〜む、解らんから放っておくことにしよう。(爆

 

新パリスの審判は派手な展開ではなく、地に足の着いた、親子の物語になっています。
堀賢一氏、城アラキ氏による、新パリスの審判が見られるいう期待は見事に外されましたが、お話しとしては、とてもソムリエールっぽくて良い出来でした。

 

リズ親子による、フランス編導入部分。
ほのぼのと深いワインの世界を見せられる一方で・・・。


いきなり、カナの敵(?)であるグループの黒幕まで登場!


今後の展開は緊迫感を増す一方のなのですが・・・。


黒幕のアルベルトまでが、長い年月カナを見守ってきたと言う。
カナって何者? っていうか、カナの父親?母親?がとんでもない何かを握っていた・・・???
それが、何故ここに来て、一気にカナの取り巻きは活性化したのか・・・。


次の訪問地、ロワールでの展開を待ちましょう。

 

コラムは【カベルネ・ソーヴィニョンの熟成】
私は基本的にピノが好きなのですが、カベルネ・ソーヴィニョンには時々不意打ちを食らいます。(笑

 

次号は3月28日(水)下のURLで配信です。
http://grandjump.shueisha.co.jp/

 


今回登場ワインは。
■ シャトー・ムートン・ロートシルト
■ カベルネ・ソーヴィニヨン・リザーヴ・ナパヴァレー ロバート・モンダヴィ

楽天のシステム変更により2017年より古い記事内の登場ワインリンクは表示されません。
下記リンク先の一覧はスマホからも見やすくまとめていますのでご参照ください。

■ マリアージュ 〜神の雫 最終章〜

■ 怪盗ルヴァン

■ 神の雫

■ ソムリエール

■ ソムリエ

■ ドラマ神の雫



コメント
アルベルト氏が、「ジョン・スミス!?」
すいません。

私事ですが、引っ越しをしました。
更に狭い部屋になりましたので、書籍も殆ど処分せざるを得ませんでした。
やはり、漫画は位の一に対象となり泣く泣く手放しました。
準備の最中読み返しましたが、輪郭の伸び縮みが結構な具合でした。

意見を変えます。
書斎でもない限り、書籍の電子化賛成です。

…さて、パリスの審判は個人的にはBarレモンハート第15巻内の話位で良いのではと思えます。
今回は、テイスティング合戦自体は無意味でしたよねぇ(主人の知り合いしか参加していないって(有りがちですが。)採点数を当てると言った所でやはりなと。ズラネタも、取って付けたようだし。)
何か、イマイチな印象のお話しでした。ぼのぼのとした恋愛話は、基本嫌いだからです。多分。

今後は、ロワールからアルザスに行って、偶然久々にフランスに来ていたジョーに会う。となると別の意味で楽しめますね。




嘘です。
乱文失礼致しました。
  • 通りがかり
  • 2012/03/11 5:51 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode